日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
2017年もっとも稼いだアスリート。コナー・マクレガーが4位!

 「FORBES」選定の2017年もっとも稼いだアスリートランキングを見ています。1位はダントツでボクシングのフロイド・メイウェザー(関連記事)。マクレガーとのドリームマッチ(関連記事)ありましたよね。稼ぎはもちろんですけど、メイウェザーの特別で凄いなと思うところは、ずっと負けない、ずっとトップなんですよね。他のスポーツ選手でこれができる人はいるのかなあ。ヒョードルを例に挙げると一時は無敵だったけども、そんなヒョードルでもそれを続けることはできなかった(関連記事)。アスリートは衰えから逆らえない・・・はずなんだけどメイウェザーは異質ですね。100位までざっと見てみました。気になった選手をピックアップしときます。続きからです。

続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

「UFN.131」でカナディアン・デストロイヤーは炸裂したのか

 今日はこの前「UFN.131」で起こった珍フィニッシュについて再びふれようかと(関連記事)。ジャレット・ブルックスがホゼ・トーレスをプロレス技「水車落とし」のような形で叩きつけたら・・・叩きつけたブルックスが頭部を強打し意識朦朧して敗戦してしまったんですね。自分はも「水車落とし」の失敗と認識したんですけど、海外サイト「SHERDOG」を見るとプロレス技「カナディアン・デストロイヤー」が挙がってます。色んな見方があるんだなあ。
 「カナディアン・デストロイヤー」は強回転系の技で一瞬どちらがダメージを受けたのかわからなくなります(笑)。リコシェとかオスプレイなどスーパーフライヤー系の選手この手のムーブが見られます。飯伏vsヨシヒコ(関連記事)でもあったかな。続きにジャレット・ブルックスvsホゼ・トーレスのフィニッシュシーン、カナディアンデストロイヤー、水車落としの動画をアップしときます。見比べてみてください。

続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

高橋ヒロム・・・棚橋に続き優勝者の勲章を破壊してしまう。

 「BEST OF THE SUPER Jr.25」優勝決定戦が行われ高橋ヒロムが石森太二を撃破。見事優勝を果たしました(YAHOO!ニュース)。その後に珍事件が発生。なんともらったばかりの優勝トロフィーを壊してしまったんですね。優勝者による勲章破壊で思い出されるのが棚橋の「G1優勝旗破壊事件」(関連記事)ですね。今回と棚橋の件を比べると。壊れたきっかけがわかり辛いです。犯人は誰なのか(笑)。関連ツイートを続きにアップしときます。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

「VIEW JAPAN」。新日本の粋な演出。

 ロープワークなしで話題になったKUSHIDA対SHO。ロープワークの視点で言うとSHOは使おうとした場面ありました。でもすぐKUSHIDAが攻撃しロープワークの攻防が生れず。KUSHIDAのスタンディングからの引き込み動作が多かったですね。どちらかというとKUSHIDAが先導した、やりたかったスタイルだったのかもしれないですね。
 今日はその試合についてじゃなくて、その試合を観てて気になったことを。そう・・・コーナーポストに「VIEW JAPAN」って書いてあるんですよ。「NEW JAPAN」じゃなくて「VIEW JAPAN」。この意味がわかる人は通かもしれないです(笑)。正解を言うとゲームの「ファイヤープロレスリング」(関連記事)での新日本プロレスをモチーフとした団体、それが「VIEW JAPAN」です。今シリーズが「ファイヤープロレスリング」の新作がメインスポンサーとなってますね。それにしても粋な演出だなあと思いました。昔の攻略本を引っ張り出しました(笑)。「VIEW JAPAN」・・・続きからです。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

山本“KID”徳郁の食へのこだわり

 「UFN.131」で珍しいフィニッシュ(MMAPLANET)。相手をリフトしてプロレス技でいう水車落としのように投げる・・・が・・・投げた方の選手が頭を強打して動きが止まり・・・パウンド連打され負けるという(動画ツイート)。脳天から突き刺さっているようにも見えるので・・・一人DDT!?・・・闘いは何が起こるかわからない・・・。
 格闘代理戦争みました。山本KID(関連記事)トライアル。KID推薦選手が決まりました。最後まで残った3人を言うと、村山大介(修斗フレッシュマントーナメント優勝)、宮平守太郎(ZST PRE STAGE MVP)、辻本拳也(少林寺大阪大会優勝)。実績みてもわかるんですけど、村山と宮平はMMAファイターとしてある程度完成されている印象。辻本は寝技経験が浅いも打撃が光り、それが評価されていました。結果選ばれたのは辻本でした。魅力を放った打撃力がKIDの心を打ちぬいた格好でしょうか。今回3人はKIDのジムで合宿しての選考だったんですけど、そこで当然食事もするわけです。KIDの食へのこだわりを感じる場面が印象に残りました。続きからです。

続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ



blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード