FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KENTA「(新日本で戦いたい相手)誰かって言った方がいいですか?(ニヤリ)」

 6.9新日本プロレス大阪大会。サプライズといえば元ノア、元WWEのKENTA(関連記事)が現れたこと。友人の柴田勝頼(関連記事)が呼び込み登場してきた時の歓声。しばらく日本にいなかったわけですけど、その知名度は抜群だなと感じました。新日本参戦表明か!と期待していたらその通りでした。それだけでは終わらず真夏の祭典「G1クライマックス2019」参戦表明!これは嬉しい。ただ個人的に気になるのは怪我ですね。首、左肩・・・2018年9月には古巣「ノア」に参戦し丸藤と対決。この試合は見てないんですけど、どんなパフォーマンスだったのか気になります。いきなりG1参戦表明なので、それだけ調整が上手くいっていると信じたい。KENTAのコメント、以前のものと合わせて続きからです。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ウィリー・ウィリアムスが死去。「猪木がいたからこそ今日の自分がある」

 新日本プロレス、大阪城大会みてます。鷹木がKENTAがオスプレイがG1参戦アピール。今年はより面白そう!第2試合の小島聡vs鷹木信悟は面白いカードだなと思ってみてました。ラリアット対決、無差別指向の鷹木ですけど、ヘビー級の小島は負けられない戦い。その他にもアニマル浜口道場出身という共通点があると。結果は鷹木の完勝!ヘビーでも十分戦えることを証明しました。小島は、応援してたんですけどねえ、残念。
 アントニオ猪木との異種格闘技戦で有名な空手家のウィリー・ウィリアムス(関連記事)が死去したのこと。67歳。最近こういうニュース多いような・・・・。ウィリアムス戦は猪木vsアリで異種格闘技路線に火がつき、そこから実現したカード。当時、ウィリアムスはアマチュア空手家。プロvsアマの異種格闘技戦だったんですね。殺伐感あり、結末は両者もつれて場外転落→場外で猪木が腕十字を極めたまま、「両者ドクターストップ」というモヤっとしたものでした。その後、再会した際かわした言葉。続きからです。


続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

「UFC.238 セフードvsモラエス」をWOWOWで見た。

 ボブ・サップがインパクトある引退試合構想を明らかにしてます(イーファイト)。前もこの手の予告というか、謎かけみたいなのありましたよね(関連記事)。なんか信用できない(笑)。大きいこととなると「RIZIN」になるんでしょうか。
 WOWOWで「UFC.238」みました。後半3試合、トニー・ファーガソンvsドナルド・セラーニ、女子フライ級選手権試合ヴァレンチーナ・シェフチェンコvsジェシカ・アイ、バンタム級王座決定戦ヘンリー・セフードvsマルロン・モラエスの感想を。残念な結末あり、豪快な結末ありで見ごたえありました。続きからです。

続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

長州力「噛ませ犬」発言。実際は言ってなかった!?

 6.26後楽園大会で引退する長州力。今月ですね。週刊プロレスで短期集中連載「最後に長州力と試合する5選手が語るそれぞれの思い」があり、今週は藤波辰爾です。藤波と長州といえば色々な出来事ありますけど、その中の1つとして長州の「噛ませ犬」発言事件(関連記事)があります。これは藤波と長州の格差。2人とも海外修行を得て帰国してますが、藤波の方が会社からのプッシュ・・・つまりは格差があると・・・それを感じていた長州と藤波がギクシャクし、長州がリング上で「俺はおまえの噛ませ犬じゃないぞ!」と気持ちが爆発してしまう出来事。「噛ませ犬」というワードは小説からきている、と新間さんは証言しています(関連記事)。が・・・・ 
 「真説 長州力」を読むと、長州は本当に発言したのか?と根本的な指摘をしています。確かに試合映像があって、その後揉めてるんですけど何を言っている事は聞こえない・・・。続きからです。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

浜崎朱加「(トレーナーのような形で)北村克哉にみてもらっている」

 「RIZIN.16」での浜崎朱加vsジン・ユ・フレイ。判定で浜崎勝利でした。自分は1、2Rはフレイ、3R浜崎で負けたかなと感じました。RIZINはラウンドマスト判定ではないですけど、全体で見てもフレイかなと。解説の藤井恵は1Rは浜崎、2Rフレイ、3R浜崎(DROPKICK)。近くて見ていたからこそわかることがあるってやつですね。いつも冷静に解説する藤井ですけど、この試合に限っては興奮、緊張を押さえながら解説していたのが伝わってきました。勝利して良かった。
 その浜崎なんですけど、ゴン格インタビューを読むとトレーナーのような形で元新日本プロレスの北村克哉(関連記事)に見てもらっていると。北村はRENAとの交流があったりして(関連記事)、自身もMMAを視野にという憶測をしたこともありましたが、それは実現しなかった。こういう形で繋がっていたとは。現在はボディビルダーとして躍進したいとのことなので(関連記事)、その豊富な知識、これまでの経験が格闘家に役立てるということですね。浜崎のコメントを続きからです。

続きを読む

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ



TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。