FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「UFC.238 セフードvsモラエス」をWOWOWで見た。

 ボブ・サップがインパクトある引退試合構想を明らかにしてます(イーファイト)。前もこの手の予告というか、謎かけみたいなのありましたよね(関連記事)。なんか信用できない(笑)。大きいこととなると「RIZIN」になるんでしょうか。
 WOWOWで「UFC.238」みました。後半3試合、トニー・ファーガソンvsドナルド・セラーニ、女子フライ級選手権試合ヴァレンチーナ・シェフチェンコvsジェシカ・アイ、バンタム級王座決定戦ヘンリー・セフードvsマルロン・モラエスの感想を。残念な結末あり、豪快な結末ありで見ごたえありました。続きからです。








<ライト級/5分3R>
〇トニー・ファーガソン(2R終了時ドクターストップ)ドナルド・セラーニ

 実績あるベテランの対決。会場ライトアップが派手。最後の試合のような扱い。それほどこの2人をUFCが認めている証拠でしょう。果敢に打ち合う2人。相打ちのような打撃が目立ちます。それでも前へ出続ける両者。2Rのなるとしだいに、ファーガソン優勢に。でもセラーニですから、このままでは終わらないだろうと思ってました、。2R終了のホーン・・・その直後にファーガソンのパンチがセラーニの顔面にヒット。よろめくセラーニ。故意ではないでしょうけど、明らかに2R終了後の攻撃に場内ブーイング。セラー二・・・不運。
 3Rスタートしようとしたところで、セラーニが目を気にしてます。大きく腫れて視界が完全にふさがれてます。2R終了時は腫れてなかったのに・・・・2R終了後のパンチしかないじゃないか。これはセラーニ可哀そう。審判陣が競技・・・ノーコンテストになるのかなと思いましたが、結局ファーガソンの勝利に。どうやらアクシデントパンチで鼻を骨折したセラーニが鼻を噛んだため、空気が目に行き大きく肥大したと。なんとも言えない結末に・・・・

ファーガソン「・・・・こんな勝ち方は望んでいなかった。」

セラーニ「鼻を噛んでしまったんだよ。目を押さえていれば大丈夫と思ったんだけど。ファーガソンのパンチは悪くない(笑顔)」




<女子フライ級タイトルマッチ>
〇【王者】ヴァレンチーナ・シェフチェンコ(2R 0:26 KO)ジェシカ・アイ【挑戦者】

 シェフチェンコが素晴らしかった。テイクダウン、ミドルへの打撃、そして最後は頭部へのハイキックが完璧ヒット!こんなに完璧はハイキックフィニッシュはそう見れるもんじゃないですねえ。アイはなかなか立てず、記憶が飛んでいるように見えました。格闘一家で育ち様々な格闘技を習得したシェフチェンコの幅に広さが凝縮した試合でした。お見事!

シェフチェンコ「1R、ボディキックを嫌がっているのがわかった。2Rもボディを蹴り、そこからのレベルチェンジ(ハイキック)ね」




<バンタム級王座決定戦>
〇ヘンリー・セフード(3R 4:51 TKO)マルロン・モラエス

 空位となったバンダム級王座決定戦。セフードはオリンピックで獲得した金メダルを持ってきてます。こ1Rはモラエスの手数、積極性が目立ちました、2R途中から急にスイッチが入ったのか近い距離でどんどん打撃を繰り出すセフード優勢になります。打撃で距離と詰めつつ首相撲からのヒザ蹴りが有効でした。その勢いは3Rでも衰えず、嫌がって組み付いてきたモラエスにアナコンダチョーク、極まらずもパウンドを浴びせ続けセフード勝利。セフードはフライ級、バンダム級の2階級王者に。

セフード「僕はチャンプ・チャンプじゃない。僕の名前はトリプルチャンピオンだ。オリンピック・チャンピオン、フライ級世界王者、そして今世界バンタム級王者になったんだ。」







 セフードの2階級制覇は凄いけど、一番印象に残ったのはシェフチェンコのハイキック、トニー・ファーガソンのなんとも言えない勝利、表情かな。闘いは予期せぬことが起きるということですね。面白い3試合に満足です。ではでは~
スポンサーサイト



テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/5086-21ba6bfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!