FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
朝倉未来「(対戦相手の)癖はすぐ見抜けますね。1回見たらもうわかります。」

 RIZINに謎のロシア人兄弟現る(YAHOO!ニュース)。これ面白いですね。熱意は伝わるんだけど「消息が分からないガールフレンドのアキコを探してほしい」という要望が謎(笑)。これがなかったら印象良かったかどなあ(笑)。
 「DROPKICK」の大沢ケンジ(関連記事)インタビュー読みました。テーマは先日、ルイス・グスタボに勝利した朝倉未来。打撃でガンガンくるグスタボ相手に堂々と打撃で渡り合いましたね。カウンターのパンチをもらっても下がらない。これが凄いんだと。危険な領域に入っても、攻めの姿勢を崩さない強メンタル。確かにメンタルは強いですけど、ゴン格の本人コメントを読むと、事前準備がしっかりできているからこその安定メンタルなのかなという気もします。相手を事前にしっかり分析できる理論派。若い頃は喧嘩に明け暮れた理論派。このギャップがかっこいい。コメントを一部続きからです。








■事前に入場からイメージトレー二ングする
‐「先ほど未来選手から“考える”という話がありましたが、年末のリオン戦の後、イメージトレーニングを繰り返していたのでデジャブ感があるぐらいだったと話をしていました。このイメージトレーニングはどのようにやっているのですか?」
未来「ずっと昔からやっていることなんですけど、もう入場からイメージトレーニングをするんです。入場、ボディーチェック、リングに上がって向かい合ってコーナーに戻って始まるとか、そういうところから何回もやって。昔からイメージが得意なので、結構鮮明にできて、現実に近い感じでやってます。」
‐「そのイメージが実際の試合になった時もそんなにズレがない?」
未来「そうですね、入場して向かい合う位まではもうほぼ全く同じです。」


■見抜く能力とか昔から高かった
「‐そのイメージ・分析の仕方についてももう少し教えてください。」
未来「イメージというか相手の癖を見ますね。試合の時ってやっぱり本番で回数が少ない場なので、何回戦っていてもやっぱり緊張する場所だと思うんです。そういう時ってやっぱり人間同じ癖が出ちゃうので、その癖をまず見つけて、それに合わせる練習をずっとしたり。」
‐「そういう癖というのはすぐに見抜けるものなのですか?」
未来「すぐ見抜けますね。1回見たらもうわかります。」

未来「そういう見抜く能力とかは、なんか昔から高かったです。これは戦いに関してだけじゃなく、人を見る目があるとか、そういうのはよく言われていたので。いろんなスポーツをやってくる中で、その場で1番上手い人を観察して真似をするっていうのを常にやっていました。」
  ※「ゴング格闘技 2019年5月号」より





 人を見る目がある。これは引退後コーチ確定じゃないですか(笑)。癖もすぐに把握できるんですね。グスタボもやりにくそうではあったので、癖を見切られていたのかなあ。理論派の兄の未来に対して弟の海は本能派というか、対戦相手の解析は兄にみてもらうことが多いようです。朝倉兄弟の躍進はまだまだ続きそうな気配かな。ではでは。
 
スポンサーサイト



テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/5042-b25ac4ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!