FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ライガーが引退表明。「佐野(直喜)さんがいなかったら今のライガーはない」

 獣神サンダーライガー(関連記事)が引退表明。来年の東京ドーム大会で引退とのこと。ドームでデビューしドームで引退。自分で「カッコいい!」とコメントしてたカワイイライガーがいました。ライガーは6日に石森のIWGP王座に挑戦するも敗戦。その試合で「俺に伸びしろはない」と感じたと。仮に勝利したとしても勝ち逃げ・・・引退表明していたと。前から決めていたことのようです。引退後はコーチかなあ。引退会見の一部を続きからです。









■ライガー「やっぱり佐野さんですね」
‐「つきなみですけど、一番思い入れ深いというか印象深いことは」
ライガー「やっぱり佐野さんですね。あの人がいなかったら今の獣神サンダーライガーはないと言っても過言ではないぐらい、存在感の大きな人でした。対戦相手でいえばやっぱり佐野直喜さんですね。僕が新日本プロレスに入った頃は本当に新日本プロレス黄金時代と言われてて、あの~藤原さんにコーチして頂いて、猪木さんに精神論教えて頂いて、山本小鉄さんに社会人としての色々教えて頂いて、前田さんや高田さんにプロレスラーはどうやって遊べばいいのか教えて頂いて、で同期の佐野さん。ほんとに凄い時代だったなと思います。その中でお世話になった方々たくさんいらっしゃいますけども、試合で言わせて頂ければ、やっぱり佐野、直喜さん、一人ですね。まあ対戦相手に恵まれたと思いますけどね。当時、外人も含め、凄い選手ばっかりでしたからね。ま、今もそうですけど」
  ※「新日本プロレスワールド」より







 佐野ですか、1996年の新日本vsUインター対抗戦で2人は対戦し、その試合だけは対抗戦なのに潰し合いではなく、お互いの成長を確かめ合う試合でした。試合に負けたライガーは「UWFでのプロレス人生は偽りだと思う。試合には負けたが、あの人のプロレス人生には勝てたんじゃないか」ってコメントするんですね。これは深い。同じくUとの対抗戦でタッグマッチで佐野を助けに入らない高田にライガーがキレたことがありました(関連記事)。スタイル等、色々な見方はありますけど、ライガーとしては盟友の佐野がリンチ状態なのが見てられなかったのもあるかも。ライガーにここまで言わせる佐野直喜(現:巧真)。引退の時に姿を現してほしいです。まだあと10ヵ月くらいあります。まだまだライガー見れます!ではでは。
スポンサーサイト



テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4992-a2cca677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TW



★★おすすめ★★







最新コメント



お世話になっているブログ



カテゴリなど



RSSフィード



ありがとうございます!