FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
棚橋「真壁さんが(理不尽な上下関係を)変えた」

 「棚橋弘至×水道橋博士×ユリオカ超特Qの超プロレス談義」が文春オンラインにアップされています。プロレス好き3人だけに安定感ありますねえ。たけし軍団の水道橋博士が「先輩後輩の上下関係」について棚橋に質問していました。理不尽な上下関係を経験してきた水道橋博士だからこその質問なんでしょうね。新日本プロレスもあるプロレスラーの理不尽さがひどかったという話がよく出てきますけど笑(関連記事)。現在はないようですね。時代は変わったと。その区切り、雰囲気を変えたのが真壁刀義だっていうんですね。自分がした辛い体験(関連記事12)は後輩にはさせない。これはかっこいいなと思いました。棚橋のコメントを続きからです。









■真壁さんが歴史を変えた
博士 プロレスラーの先輩・後輩ってどうですか? 昔のたけし軍団は上下関係がほんと厳しくて、仕事、雑用、練習しながら、理不尽に殴られ蹴られして、そのストレスを舞台にぶつけるわけですよ。舞台に上がる芸人にプロレスファンが多いのは、この部分を共有しているからだと思うのよ。上司を殴ったり、ボロカスに笑いものにするという表現ができる職業ってレスラーと芸人ぐらいだけなんじゃないかな。

ユリオカ 棚橋選手も先輩の理不尽さにちょっとムカついたりとかあるんですか?

棚橋 ないです。昔はそういう上下関係もあったかもしれないですけど、真壁(刀義)さん以降はなくなったという感じですかね。上から理不尽なことをされても、真壁さんがそれを受け止めて歴史を変えたと。だから偉いのは真壁さんです。

博士 後輩を「かわいがる」っていう意味では、オレも玉袋(筋太郎)もほぼないね。自分らがものすごいイヤな思いしたし、それにオレらは漫才で早めに上にいけたし。
 ※「文春オンライン」より







 自分がした辛い経験を下に繋げていく・・・そういうタイプの人間もいそうな気はするんですけど、真壁は自分がした辛いこと・・・だからこそ下の世代にはしない。鎖を首にぶら下げて怖い感じですけど、人は見た目によらずですね。まあしゃべり方とか仕草から優しさは伝わってきますよね。素晴らしい人柄、真壁刀義ですね。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4788-59c346ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード