FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
努力する才能。堀口恭司

 気が付けば「RIZIN.11」が明日に迫ってます。堀口恭司(関連記事)の師匠:二瓶弘宇さん(関連記事12)が亡くなったとのことで驚いてます。堀口は「UFC」で戦うようになり練習の場を「アメリカントップチーム」に移しました。でも心は日本・・・二瓶弘宇さんの空手道場「一期倶楽部」で練習する光景が度々見られました。「UFC」から日本の「RIZIN」へ戦場を移し、これからって時だったと思います。明日の扇久保戦は大きな区切り後の試合になります。良い方に向けばいいですよね。
 驚異的な強さを誇る堀口ですけど、「一期倶楽部」の二瓶親子に言わせると、努力あってのこと。堀口は天才肌ではないんだと。ファン目線で見ると、あのフィニッシュ力とか、持って生まれたものあるなと思いますけど、そうではないのか。二瓶親子のコメントを続きからです。









■二瓶弘宇「(堀口は)センスはよくねえんだよな」
弘宇「センスは、良くはねえんだよな。恭司はまず強気。ビビらないし、ビビってても絶対に外に出さない。自ずと余裕のある組み手をやってる。やっぱりどっかで心が負けたら駄目よ。それに、稽古に向かう感性がいいんだ」

■二瓶卓郎「(堀口は)どうやったら勝てるかを常に考え見つけられる」

卓郎「恭司が作新高校時代、コーチとして稽古をつけに行ったんです。けっこうメタメタにぶっ飛ばして、1年のときはあんまり強くねえなと思ったけど、強くなりたいという気持ちだけはほかの誰よりも強く感じた。それで2年目にグンと伸びたんです。自分の体を生かしてどうやったら勝てるかを常に考え、見つけられる。恭司はそこが凄いなと感じます」
  ※「ゴング格闘技 2017年5月号」より





 最初から器用にできるタイプではないんですね。なんだか意外だ。堀口は努力の才能、天才ってとこなんでしょうか。一流になる選手ってこういうタイプの方が多いのかなあ。「はっきり言って、今の自分と5年前の自分がやったら相手にならないと思います」と言う堀口(スポーツナビ)。堀口vs扇久保・・・前回は堀口が2Rにチョークスリーパーで勝利してます。パフォーマンスで前回の試合を上回る、成長を見せれるか。楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4776-7e5e9ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード