FC2ブログ
日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
火花散った。前田日明×青木真也 対談。

 長州力がNHK大河ドラマでのラリアット披露について語ってますね(日刊ゲンダイ)。いきなり言われ周りの役者さんからも笑いが起きていたと。これは長州のプロレス道(関連記事)からすると難しい場面ですね。リング上だったら確実にNGでしょう。周りから笑われることなんだから。リング外というのもありますけど、そこを了承した長州から変化を感じたりします。
 格闘代理戦争に前田日明(関連記事)参戦。青木真也(関連記事)とのぶつかり・・・宗方達也(前田推薦)vs椿飛鳥(青木推薦)が決定してます。両者はすでに火花散ってて、青木は「老害が!」と。前田は「(廣田戦を例に挙げ)あの弱い者イジメの青木ね」と(ツイッター)。楽しみですね!前田と青木・・・実はかなり前に「KAMINOGE」で対談してます。今、読み返すと同じようなことを前田が青木に直接言ってるんですよね。今回の前田のコメントはリップサービスではなく本音なんだと感じました。今日は、その中から青木真也vs廣田瑞人(関連記事)について語り合っている所を一部、続きからです。








■前田「腕に執着しなくても」 青木「勝負はそういうもんじゃない」
青木「ボクも真剣にやっている以上、 一本を取りに行って相手が『まいった』をしないのであれば、折るのは当然だと思うんですよね。だって『まいった』をしないんだったら、勝つために折るのは当然じゃないですか?」
前田「でも、あの状態でだよ、あそこまで腕に執着してやらなくてもよかったんだよ。」
青木「いや、勝負はそういうもんじゃないです。ボクにはそこまでの余裕はないですね。もし、あそこで腕を外して首を取りに行って逃げられた場合、ボクが逆にやられる可能性もあるので決着できるんだったら早く決着したいですね。」

■前田「弱いものイジメにしか見えない」
前田「俺から見るとね、あの試合だけは弱いものイジメにしか見えないんだよ。青木とあの相手の間で試合して、青木が腕を折るほど、本当に焦ってやるようなレベルの試合だったんだろうかと。」
青木「いえ、それはどんな相手であろうとやっぱり怖いんですよね。ボクだけなのかもしれないですけど、どんな相手だろうと怖いんですよ。」
  ※「KAMINOGE vol.12」より





 前田も現役時代は危険を感じる選手で、「前田がそれを言うなよ」って感じる方もいそうな気はしますけど、その危険さの中に冷静さは持っていると当時のレスラーのインタビューを読んだことあるような記憶があります。青木にはそれがない、完全に1線を超えているという指摘なのかな。「弱いものイジメにしか見えない」・・・数年前に本人に言ってたんだ。おそらく格闘代理戦争でも再燃するとは思います。廣田はけっこうな被害者ですね(苦笑)。
 廣田にとってあの試合はプラスなんでしょうかねえ。青木に腕を折られて負けた、屈辱だったかもしれないけど名前は売ることができた。それは数年経った今でも蒸し返される。敗者、腕を破壊された男として。廣田の気持ちを考えると複雑ですけど、青木vs前田はしっかり楽しみたい!ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4755-48551399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード