日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
那須川天心がボクシングアマチュア5冠とMMAで対戦

 RIZIN会見が行われ10.15「RIZIN」福岡大会で那須川天心(関連記事)vs藤田大和が発表されました。自分は藤田大和を知らなかったので最初は?でしたが、アマチュアボクシングでかなりの実績を持つ選手のようです。そして、ルールがMMAなんですよね。総合格闘技でキックボクサーvsボクサーをする。こうなると両者のバックボーンである打撃戦が予想されますが、面白いのが藤田のバックボーンの幅広さ。ボクサーでありながら極真空手、総合格闘技の経験ありなんですね。このベールに包まれた部分が面白いかなと感じてきました。両者のコメントで気になった部分をアップしときます。








■藤田「パンチのレベルはかなり違う」
藤田「ボクシングをやってきましたが、幼少の頃から色々な格闘技をやってきています。天心選手はキックの最高峰と言われていますけど、是非パンチで勝負していただきたいなと思っています。パンチのレベルはかなり違うと思いますので」


■那須川「自分のレベルと比べたらたいしたことない」
那須川「何試合か(藤田選手の)ボクシングの試合を観たんですけど、まあ強いですけど自分のレベルと比べたらたいしたことはないなと思いました。打撃で勝負してやろうかなと思ってましたので、本当におもしろいカードが組まれたなと思っています。」


■才賀紀左衛門からのプッシュがありRIZIN参戦へ
榊原実行委員長「アマチュアボクシングでは高校3冠、大学2冠、オリンピックには行けなかったんですけど、ロンドン五輪で銅メダルをとったいまプロボクサーの清水聡選手に勝っています。才賀紀左衛門のところでやっているんですけど、紀左衛門から「とんでもない逸材が来た」っていうプッシュがあったんですね。こないだのメイウェザー、マクレガーもありましたけど、ボクシングに注目が集まってる中で、アマチュアボクサーが総合格闘家に転向していったらどこまで通用するのか? っていうのはプロモーターとして、一ファンとして興味があります。」
  ※「RIZIN」公式より






 自分がもしあったら面白いなと思っている展開は藤田がテイクダウンを狙うことですね。もちろん推しはボクシングのパンチですけど幅広いバックボーンに期待したいです。あと那須川のコメントで「(藤田大和のレベルは自分と比べたら)たいしたことない」というところがあるんですけど、ここゴング格闘技ツイッターだと「大差ない」となってるんですよね。自分は会見動画(YOUTUBE)も見たんですけど、那須川の声がちっちゃくてですね(笑)。肝心なところが効きとりにくいんですよね。言いにくいこと頑張って言ってるがゆえの声の小ささなのか、と勝手に解釈し自分は「たいしたことない」を採用しました(笑)。賛否ありそうなカードですけど、情報を調べているうちに少しづづ興味沸いて楽しみになってきました。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4459-d94ea630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード