日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
壊れていると言われている桜庭和志は壊れてない

 休日・・・免許更新いかないといけないけど、めんどくさくなったのでやめた(笑)。来月まで時間はある・・・ダメですねえ、余裕がある時にいけないという(笑)。ということで今日は家で「UFC.215」をみます。メインは女子バンタム級選手権試合・・・になりました。本来はフライ級選手権【王者】デミトリウス・ジョンソンvs【挑戦者】レイ・ボーグでしたが、レイ・ボーグが急遽欠場になり消滅。この寸前に欠場ってけっこうありますよね。欠場する選手に理由があるのはわかるんですけど、チケット買って観戦を楽しみにしてる人は本当に迷惑ですよね。
 「KAMINOGE」の桜庭和志(関連記事)インタビュー読みました。インタビュー内で桜庭が「おれは壊れてない」と言ってました。自分は壊れていると思っていたので、けっこう・・・驚きました。自分は周囲の情報に踊らされてたかも、と反省。桜庭のコメントを続きからです。









■桜庭は体重差のある試合をし続けたから壊れた→違う
桜庭「やっぱりボクのキャリアが語られるとき、どうしても体重差の話とかをされるじゃないですか。そこでボクが言うのは、プロレスにはジュニアヘビーとヘビーしかないから、そんなのやるしかないでしょっていう。 体重差についてそこまで言われることはないと自分ではだから当時はべつに思ってたんですけどね。体重差のありすぎる闘いをやり続けたことで、桜庭は壊されたみたいな。『壊れてないし!』っていう感じです。」

■メディカルチェック異常なし
‐「桜庭さん、あらためて聞きますよ。壊れてないですよね?」
桜庭「壊れてないですよ。」
‐「でも、けっこうな数のパウンドを食らってきてますよね。」
桜庭「あれもよくよく考えたらそんなでもないと思いますよ。」
‐「試合後のメディカルチェックではいつも『まったく異常なし』と出るわけですよね。もともと頭蓋骨が強いんですか?」
桜庭「違いますって(笑)。受けてないんですよ!やられてるイメージが強いんじゃないですか?」
‐「パッと思いつくところだと、やっぱりヒカルド・アローナ戦とか。」
桜庭「それだけでしょ。あとは何があります?ほかの選手と比べたらけっこうもらってないんですよ。(略)」
  ※「KAMINOGE VOL.69」より







 僕も桜庭は体重差ある試合をして無理したせいで壊れたと思ってたんですけど(苦笑)。桜庭が確かに動き悪くなってるんですよね、それはその理由からだと断定するのではなくて、例えば年齢的なもの・・・老化だったりとか色んな視点で考えるのを忘れているところがあるのかなと感じました。この論調、誰が言ってたかなあと思い出すと前田日明(関連記事)とかデイナ・ホワイト(関連記事)とか・・・他にも沢山に人が言っているはず。
 桜庭を壊した試合であろうで、挙がってたのがヒカルド・アローナ戦(YOUTUBE)。桜庭は「それだけでしょ」と主張してますけど、自分はケスタティス・スミルノヴァス戦(関連記事)を思い浮かべました。あれは桜庭が心配になりましたねえ。それほど桜庭は日本総合格闘技のために頑張ってきた・・・逸材ですよ。棚橋のライバルですよ。強引な締めで(笑)・・・では良い日曜日を。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4457-8deb4bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード