日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
サイモン猪木「(ISMは)猪木さんに対して失礼過ぎる」

 「Number PLUS プロレス総選挙 2017」が発売されてます。1位は内藤哲也になりました。内藤はTV朝日のプロレス総選挙(関連記事)ではランクインすらしてないという屈辱の結果でしたから、その分嬉しいでしょうね。TV朝日とNUMBER・・・同じプロレス総選挙なのに結構様子が違うランキングですよね。どちらの総選挙ランキングに自然さを感じるかはあなた次第(笑)。
 週刊プロレス読んでます。サイモン猪木IGF取締役のインタビューがあります。現在、アントニオ猪木と抗争中なわけですが(関連記事)、争っているんだけど、仲直りしたいという気持ちがにじみでてるインタビューかな。自分の勝手な予想ですけど、もはや修復不可能かなと感じますけどねえ。思い切って脱猪木で名前も「IGF(イノキゲノムフェデレーション)」とっぱらって運営していくのはやはり無理なんですかねえ。気になった部分を続きからです。









■「ISM」は猪木さんを使っているのに後楽園ホール。失礼すぎる
サイモン「新しいイベント(ISM)をやることに関しては何か(文句を)言うつもリはありません。でも西村(修)さんとやるとか、スコット·ノートンにしても過去に猪木さん本人がNG出してたことをやってたり。会場にしてもIGFでは後楽園はやらないって言ってて、最低でも東
京ドームシティホールでやってきたじゃないですか。NEWは現状、小規模会場を使って、大きくても後楽園ホール。だから、いまは猪木さんを呼ぶことができないんです、失礼にあたると思っているから。でも、あちら(ISM)は猪木さんを使ってるのに後楽園ホール、しかもカール·ゴッチさんとかモハメド·アリさんのメモリアルも掲げてるのに後楽園ホールというのは..。猪木さんを安く使わないでほしい。アントニオ猪木に対して失礼すぎますよ。」

  ※「週刊プロレス 2017年 7/19 号」より








 アントニオ猪木に対して「ISM」は失礼だと。そう言っちゃうとなんだかややこしい。要は猪木に許可なしで勝手にやってるかやってないかの違いですよね。サイモンのコメント読んでると猪木と規模の小さい後楽園ホールはNGだと約束しているのがわかります。それなのにもかかわらず現在勝手に後楽園ホール興行をして、気まずいから猪木を呼べないっていうことですよね。「IGF」と「NEW」は別物だからという意識なんですかねえ。組織的に「NEW」は「IGF」と同じなはずなので、その意識を周囲と共有するのが難しそう。
 ゴッチのお墓建立はもともと西村主導でやろうとしてて、その協力をお願いされた猪木がやる気になり「ISM」が生まれたという経緯があったと思います。なので後楽園ホール問題は「NEW」と「ISM」では全然性質が違うかなと感じました。最後にスコット・ノートンって猪木が不満に思うようなことやったんですか?それが一番気になる(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4393-4c02525a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード