日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
桜庭和志が殿堂入り!「UFC.212 アルドvsホロフェイ」を見た

 「UFC.212 アルドvsホロフェイ」をDAZNでみました。ビクトー・ベウフォートのUFCラスト試合。MMAファイター自体辞めることなのか曖昧でしたが、試合後のコメントで明らかになりました。メインのジョゼ・アルド(王者)vsマックス・ホロウェイ(暫定王者)はフェザー級タイトル統一戦。UFCに不満があったアルドは一時期、引退まで示唆していたようですが、なんとか気持ちを持ち直したようですね。そして、タイトルに書きましたが、今大会で桜庭和志のUFC殿堂入り(関連記事)が発表されました。いざ発表されると「そりゃそうだろ!」って感じなんですけど(笑)、MMAファンとして嬉しいです。WIKI見るとそうそうたるメンバーですね。では見た順で簡単に感想を。続きからです。









<ウェルター級 5分3R>エリック・シウバ(2R 2分01秒 TKO)ヤンシー・メデイロス○
 エリック・シウバが短髪に髭を生やして見た目が変わりましたね。シウバの試合はアグレッシブで大好きなんですけど対戦相手のメデイロスのボクシングテクニックっていうんですか。リーチの長さをいかしたパンチがシウバを上回ってました。メデイロスの試合はじめてみましたけど、かなりの打撃力を感じます。ディアス兄弟と練習してるようです。フィニッシュは右パンチ→左パンチのコンビネーション。シウバダウンでレフェリーが止めました。メデイロスはこれで2連勝。この選手はこれから上がってきそうな気配。

メデイロス「最高のMMAファイターと練習をしています。ニック・ディアスアカデミーにもハワイの皆にもお礼が言いたい。みんな大好きだよ。」



<ミドル級 5分3R>
○パウロ・ボハシーニャ(2R 1分06秒 TKO)オルワレ・バンブーシェ

 地元ブラジルのボハシーニャはフォルムからマウリシオ・ショーグンを彷彿とさせます。お互いアグレッシブで目が離せない試合でした。1Rにボハシーニャのミドルキックがヒットしてからバンブーシェが劣勢となりました。1Rはなんとか凌いだものの2Rに決着。フィニッシュはバンブーシェのスリップダウンを見逃さなかったボバシーニャが猛烈パウンド。爆発力あります。ボハシーニャは戦績は全勝。どんどん良い選手が出てきます。

ボハシーニャ「(バンブーシェは)タフガイでした。こういう展開は予想できませんでした。オクタゴンを上手く使っていたと思います。」



<ミドル級 5分3R>
○ ビクトー・ベウフォート(判定3-0)ネイサン・マーコート

 ベウフォートのUFC最後の試合とされています。両者ともに日本でもお馴染みのファイターですよね。日本にトップファイターが集まっていた時代から戦っている証拠ですね。試合はフィニッシュできなかったものの所々でベウフォートの打撃が光りました。自分は引退試合かと思ってたんですけど、ベウフォートからそんな雰囲気感じられず、最後に「あと5試合たたかう」とコメントありました。UFCとの契約は終わるも他で戦うってことなのか。日本もいいよ(笑)。

ベウフォート「犠牲なしには栄光ありません。これまで(ファイターとして)犠牲を払いましたが、感謝したいと思います。家族にもありがとうと言いたいです。そして、キャンプを支えてくれたチームにも感謝しています。この試合に興奮し過ぎていて周囲から落ち着けと言われていた。フィニッシュはできなかったけど満足しています。(最後の試合かと聞かれ)あと5試合残っている。」



■桜庭和志のUFC殿堂入り発表
 紹介VにはPRIDE時代の映像やUFCジャパンのコナン戦(関連記事)など流れてます。UFCジャパン王者、グレイシーハンターと紹介されてます。ジョシュ・バーネット、アリスター・オーフレイム、ドン・フライなどいろいろな選手のコメントが流れてます。偉大な桜庭。おそらくですけど9月のUFC日本大会(関連記事)でなにか表彰式てきなものがあるのではと予想します。凄い!



<女子ストロー級 5分3R>
○クラウディア・ガデーリャ(1R 3分03秒 リアネイキッドチョーク)カロリーナ・コバルケビッチ

 コバルケビッチのウインク&待ち合わせスタイル最高ですねえ(笑)。絶対勝ってほしいと思いましたが願い叶わず・・・。1Rにテイクダウンされてから、時間かからずチョークが入ってしまいました。コバルケビッチの悔しがりようが半端ない。何か意表をかつかれたのか。解説の宇野は足をセットしてからチョークに入るのかと思いきや、手を首に入れるのが早かったと分析してました。コバルケビッチ残念・・・

クラウディア「同じことをやってるだけでは勝ち続けることはできない。私は進化しています。様々なことを試してきました。自分はニューファイターだと思っています。」



<フェザー級タイトルマッチ 5分5R>
【王者】ジョゼ・アルド(3R 4分13秒 TKO)【暫定王者】マックス・ホロウェイ○

 ホロフェイの完勝ですね。試合は打撃戦。アルドのパワフルな打撃に目がいってしまいますが、それに気持ちがブレないホロウェイから自信を感じました。信じるプランがあったんでしょう。圧力をかけていたのはホロウェイでした。距離が凄く近いんですよね。2Rあたりからアルドの口が空いてきたように見えました。ホロウェイのプレッシャーが効いたのかな。フィニッシュは右パンチ。モロに食らったアルドダウン。寝技でパウンド、チョーク、パウンドと多彩な仕掛けに体力を失い最後は動かなくなりレフェリーストップ。打撃自慢のアルドの相手にしてこの勝ち方凄いですね。ホロウェイの打撃力恐るべし。ホロウェイが勝った時の場内の静まりようと言ったら(笑)。ブラジルファンはハッキリしてますね。

ホロウェイ「神に感謝します。そして息子が待っています(笑顔)。お父さんチャンピオンになったよ!そしてチームメイトのみんな、ここの後ろにいてみんな以外にも。そしてブラジルのファンの皆さんにも感謝します。愛情以外なにも感じなかった。・・・自分は恵まれている。デイナ・ホワイト!早くギャラを頂戴。ファイトマネーが早く欲しい。昇給もお願い。」







 ホロウェイ強かった!どうみてもブラジルファンがホロウェイに愛情を注いでいたようには感じなかったですけど(笑)、ホロウェイの大人のコメントありました。アルドは泣いてましたね。敗者インタビューを受けるメンタルもなかった模様。アルドはマクレガーに完敗(関連記事)してからメンタルのブレが気になります。立ち直ってくれると良いですが。最後の桜庭殿堂入りおめでとうですね。さすが世界のサク!!
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4356-7431c505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード