日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ウィリアム・リーガルGM「中邑は日本人としてロックレベルの存在かも」

 東京ドーム路上プロレス!自分は「DDT」見ないんですけど、これは興味沸いてきますね。斬新過ぎて往年のプロレスラーは否定派にまわるのかと思いきや、ちゃっかり天龍も参加してますね(笑)。試合動画はDDT系の有料配信サービス「DDT UNIVERSE」で見れます。途中まで無料でみれます(DDT UNIVERSE)。とにかく登場人物の多さ。これだけで楽しめますね。
 週刊プロレス読んでます。新日本から「WWE」(関連記事)に移籍し着実に階段を登り続ける中邑真輔(関連記事)。最近、「NXT」GMのウィリアム・リーガルが来日しているとツイッターで話題になってましたが、週刊プロレスにコメントが掲載されてます。スカウト活動ではないと言ってますが、他にもWWE関係者がいるようですし、スカウト活動の一環ですよねえ(笑)。日本のプロレスが世界で評価されている、視点を変えれば日本のプロレスラーが海外流出してしまう危機でもあります。
 リーガルGMは中邑について最大級とも言える好評価コメントをしていますね。WWEスーパースターと絡む日も近いか。続きからです。









■既に日本人としてロックレベルかも
リーガル「最初から期待もしていたし、別世界にいるレベルの選手だった私が現役のころホーガン、イノキ、アンダーテイカーと同じリングに立ったことがあるが前回のTAKEOVER」(中邑のNXTラストマッチ)で、彼の入場シーンはまったく経験したことのない盛り上がりだっそれは鳥肌が立つほどファンの顔を見ても、その興奮度はすさまじかったそこまでのレスラーは一生に一度出会えるか出会えないか。たとえばWWEではロックがそういった選手の一人。ナカムラは日本人としてすでにロックレベルの存在かもしれません」


■近い将来ブロック・レスナーvs中邑が実現しうる
リーガル「その夢(レッスルマニア出場)を否定する理由がまったくみつからない。それは必ず実現するだろう。近い将来、シンスケ・ナカムラvsブ口ック・レスナーのメインイベントが実現し得るのではないか。私はそのプロセスに関わってはいないが、そのカードが実現したら私もお金を払ってでも見たい」
  ※「週刊プロレス 2017年 6/14 号)より






 リーガルGM。かつて日本でプロレスラーとして活躍してましたよね。テクニシャンでしたね。中邑vsロック、中邑vsレスナー。想像しただけでもゾクっとします。過去記事に長州とレスナーをネタにした記事があるんですけど、その試合でレスナーと中邑がタッグ組んでます。あの時はレスナーの大迫力に中邑はどうしても小さく見えてしまうなという印象だったんですけど、時が流れレスナーと向き合ったとき、中邑の成長を感じれるかも。楽しみですね。 
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4354-dfa819cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード