日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
大仁田厚の引退を整理してみる 【前編】

 グスタフソンvsテイシェイラみました。グスタフソンのアッパーが良かったですね。テイシェイラは終始アッパーが見えてなかったように感じました。前回は地元大会で負けて謝罪するという展開だったグスタフソンですが(関連記事)、今回は完勝、そしてプロポーズ成功と良いことずくめ。あんなにニコニコしたグスタフソンはじめてみたかも(笑)。プロポーズ成功ですからね。試合勝利より嬉しいか(笑)。 
 大仁田厚引退興行(関連記事)の概要が発表されてます(YAHOO!ニュース)。ポスターに「さようなら大仁田 さようなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー」と書かれてますね。7度目の引退ですからね・・・こういうポスターをみるとやっぱり・・・自分はお金稼ぎ目的なのかなあとか、どうしても斜め視点でみてしまいます。大仁田は「最近、宮崎駿監督の復帰でよく引き合いに出されるけど(笑)、だけど今回の引退は本当に本当に本当なんだ。ぜひオレの最後を観に来てください。」とコメントしてるので、信じるしかないですね。
 ということで引退7度目(現状で6回の引退)・・・実際のところ多すぎてわけわかんなくなってるので(笑)、少し整理してみたくなりました。今日は【前編】として3度目に引退まで簡単に振り返ります。続きからです。









■1985年 1度目の引退
 全日本プロレス所属時代ですね。理由はケガ(左膝蓋骨粉砕骨折)になりますか。1983年のケガをし翌年復帰するんですけど、コンディションが戻らず苦渋の決断により引退。全日本プロレスにで引退式が行われてます。

「十五歳で入門して十二年間…ファンのみなさまの声援ありがとうございました」と涙ながらにあいさつ。馬場と別れの握手を交わし、青年実業家としての第二の人生に旅立った。(デイリースポーツオンライン
 引退後は青年実業家志望だったんですね。この謎の職業(笑)。まあFMW立ち上げることになりますし、実業家・・・ですよね。

■1988年 1度目の復帰
 青年実業家大仁田の活動は失敗になり多額の借金を負ってしまう。様々な仕事でお金を稼ぐなかジャパン女子プロレスのコーチに就任。そこでコーチ同士だったグラン浜田との抗争が始まりリング復帰。復帰理由としてはお金に困っていたというのがありそうですね。青年実業家として成功してたら「FMW」はなかったかな。





■1995年 2度目の引退
 FMW時代。川崎球場でのハヤブサとの試合を最後に引退します。これは印象強いですね。1年前に引退発表して、1年間にわたり引退ツアーを行った上での引退。1989年に「FMW」を設立し、世間に認知されるまでの存在にした実績は偉大ですよね。その経緯もあるのかハヤブサへのバトンタッチという流れもあり感動的な引退になった記憶があります。その後は俳優業へ。

■1996年 2度目の復帰
 1年かけて引退したのに1年で復帰という(笑)。盟友ミスター・ポーゴ引退試合のタッグパートナーに指名される形で1試合限定復帰。が、そのままリングに上がり続けます。ハヤブサらとの確執話がありますが(関連記事)、おそらくこの時期かな。ハヤブサにバトンタッチしたのに復帰してるわけですから、良い印象はないのもわかりますね。ちなみにこの復帰の流れは大仁田が考えたという話もあります(関連記事)。




■1999年 3度目の引退 グレート・ニタ
 ややこしいな(笑)。どうやら3度目の引退復帰にカウントされるのは、大仁田の別の人格レスラーであるグレート・ニタになるようです。1995年の大仁田厚引退(2度目)に合わせてグレート・ニタは大阪湾に姿を消し消滅したかに思われましたが・・・1999年に新日本プロレスにてムタvsニタの抗争が生まれ、その時に大仁田が大阪湾からニタを呼び寄せます。1999年のムタvsニタはムタ勝利におわり、「ニタは死んだ」として葬式が行われました。ニタは姿をくらましたり現わしたりしているので、どこを引退復帰とするのか難しいところ。おそらく「死んだ」=「引退」とみるのが妥当かな。ということで1999年神宮球場でのムタvsニタがニタ引退試合ということでしょう。

■2003年 3度目の復帰(復活) グレート・ニタ
 長州力率いるWJプロレス参戦の際に大仁田が「ニタは今魔界から帰ってきた」とニタを復帰(復活)させます。馳浩と戦って両者反則負けです。
  ※「デイリースポーツオンライン ウィキペディア」を参考







 いや~思った以上にややこしい(笑)。ニタが絡んでくるんですね。ニタの消滅→復活をカウントすると今回9度目くらいの引退になるのでは(笑)。ニタは復帰したままの状態ですから、今年10月に大仁田が引退した後もニタは存在し続けるわけか・・・まさか・・・(笑)。では続きは近いうちに。

 【後編】はこちら
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

先週の開運!なんでも鑑定団を見てたら、スポーツグッズ鑑定大会で例によってプロレスグッズも出て、大仁田さんが全日本時代にアメリカでチャボ・ゲレロに勝ってベルトを巻いた試合に来てたジャケットに大仁田さんのサイン入り(サインは後の物)が50万円で橋本さんが冬木さんの追悼電流爆破デスマッチ(金村キンタロー戦)で巻いてたサイン入り鉢巻が18万円でした。進行役の石田靖さんはプロレス好きだから釘付けでしたね。
因みにプロレスラーの大鷲透選手が力士の手形を出してました。(大鷲選手のお父さんが元力士)
[2017/06/24 00:23] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!大仁田、橋本ともにプロレス界の宝ですから、その価値も高いですね。今日たまたま鑑定団みてました。ソフビのパーマン人形とか出てました。自分もなにかプロレス関連の宝ないかなあ(笑)。馬場のサイン入りトレーナーとかありますけど、数多そうですしダメかなあ(笑)。石田さんをはじめ芸能界はプロレス好き多いですよね。
[2017/06/24 22:11] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4351-0f59701b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード