日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
カール・ゴッチに傾倒してた意外なプロレスラー

 「UFN.109」。メインでグスタフソンがテイシェイラの完勝(MMAPLANET)。そして、彼女へプロポーズ。最近この流れ多くないですか?修斗での大尊伸光(YOUTUBE)にUFCでのジェシカ・アンドレジ(関連記事)・・・・公開プロポーズ流行ですかねえ。
 先日、発表された新たな格闘技イベント「ISM」。収益金でカール・ゴッチのお墓を建立するんだと(東スポWEB)。会見のメンバーを見ると猪木(関連記事)を筆頭に藤原(関連記事)、木戸(関連記事)、西村(関連記事)、鈴木(関連記事)とゴッチイズムを継承する人間ばかりですね。方向性としてはマニアックなものだと思うんですが、良い結果を残し継続してほしいなと思います。ゴッチっていえば、少し前に読んだ「KAMINOGE」の変態座談会で意外なプロレスラーがゴッチにハマっていた過去があることがライガーから語られてました。続きからです。










■ウェイトトレーニングはしません
ライガー「イギリスのマーケットは夏になるとオフに入るんですよ。それで会社から『カルガリーに行けよ』みたいな感じで言われて、安達さん(ミスター・ヒト)の家でお世話になることになったんです。」
玉袋「カルガリーはほかに誰か日本人はいたんですか?」
ライガー「安達さんの家にはリッキー・フジ選手がいましたよ。」
椎名「リッキー·フジ! (笑)。」
ライガー「アイツ、ああ見えて当時はカール・ゴッチさんの教えに傾倒していてボクとかがウェイトトレーニングをやってても、『ボクはそういう練習はしません!』って、プッシュアップとかスクワットとかナチュラルな練習ばっかりしてたんですよ。」
ガンツ「それがいまや千葉で『リッキージム』というトレーニングジムをやっているという(笑)」
ライガー「アイツもどっかで変わったんでしょう (笑)。」
玉袋「映画『レスラー』の主人公みてえになってるもんな。」
  ※「KAMINOGE vol.61」より







 この座談会おもしろいなあ。ライガーは当初、船木誠勝がなる予定だった話とか橋本真也の海外テリトリー破壊エピソードとか(笑)。それにしてもリッキー・フジは意外すぎませんか(笑)。金髪長髪でアメリカンプロレスっていう印象ですよね。ゴッチとは真逆に見えてしまいますが、当時は違うところを向いていたんでしょうねえ。いろんな事を実践してみて、自分のあったものを見つける。やってみないと始まらない、まず実践することが大事ってとこでしょうね。イイ感じに締めくくれたか(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4350-42871a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード