日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
内藤哲也「(インターコンチ王座挑戦に)一番ふさわしいのがライガーかも」

 猪木がIGFと決別。「会社の整理を考えていると」(YAHOO!ニュース)。「NEW」(関連記事)の活動に影響はあるのか・・・中国進出のプラン(関連記事)はどうなるのか・・・なんだかややこしいことになってきた印象。・・・・・休日。新日本ワールドでスーパージュニアの試合を見ています。ライガーvsリコシェは試合後にライガーが「あいつレスリングで勝負してきやがった」と言うように腕の取り合いだったり、ライガーの複合関節技、それに対抗するリコシェ・・・いつもと違う一面が見れた試合でした。リコシェはライガーをリスペクトしてのスタイルとも言えますし、空中技だけじゃないんだ!っていう意地も感じたり。深い試合でした。
 ライガーはジュニアリーグ戦にIWGPインターコンチ王者に対する怒り(関連記事)と、なかなか忙しい。ライガーと同時期にTOPどころで活躍してた選手らで、ここまで1線で戦っている選手いないんじゃないでしょうか。レジェンドの括りにされることを嫌がるライガー(関連記事)ですけど、ほんと行動で表していますよね。そのライガーに内藤が興味深いコメントをしてますね。続きからです。







■内藤「ライガーが(インターコンチ挑戦者として)一番ふさわしいかも」
内藤「もしかしたら!いま、インターコンチネンタル王者への挑戦者として一番ふさわしいのは、ライガーなのかも、しれないね。俺のツイッターにも『ライガーこそふさわしいんじゃないか』っていう声がね、たくさん聞こえてきますよ。棚橋はこのまま、のんびり休んでで大丈夫なの?もう誰もさ、棚橋を求めてないんじゃないの?怪我してるのはわかるよ、でもさ、ほんとこのままで大丈夫なのかなあって、心配になっちまうよ。まあ、ライガーに関しては、俺への怒りはわかるけどさ、その怒りをリーグ戦にぶつけたほうがいいよ。最後のリーグ戦なんだろ?残り何試合あるか知らないけどさ。獣神サンダーライガーここにありを見せてくれよ。まあそういうわけで皆さままた明日お会いしましょう。アスタアマーニャン!アディオス!」
  ※「新日本ワールド」より






 個人的には棚橋戦よりもライガー戦のほうがよっぽどテーマとしては面白いと思いますね。ベルトを粗末にする内藤、ライガーはベルトを獲得することによってそれを阻止すればいいわけですし。思い切って新日本運営側もこのカードを発表するのもアリかと。ただ現実的には内藤も棚橋戦・・・休んでいる棚橋へのけん制を忘れないですね。最後にリーグ戦がんばれとエールにも取れるような発言してます。ここはプロレスファン上がりの内藤哲也の本音でしょう。まあ・・・サムライ好きですけどね笑(関連記事)。ではでは良い休日を。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4348-53b5d2df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード