日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
1995年 川田利明vs高山善廣  Uインターのビックリ交渉術

 7.30「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-」で堀口恭司vs所英男が決定(YAHOO!ニュース)。これはいいですねえ。まさに新旧のぶつかり合いというか。堀口有利だとは思いますが所(関連記事)には大舞台の経験値がありますし、何かやってくれるんじゃっていう期待をしてしまいます。楽しみ。
 今日は1995年に開催されたUインター神宮球場大会の話題で。メインは高田延彦vs天龍源一郎(関連記事)という強力カード。そして、そのあとに発表された仰天カードが川田利明vs高山善廣でした。当時を振り返ると、いわゆるU系というスタイルの集団と新日本プロレスストロングスタイル集団が交わる。それだけでもゾクゾクすることでした。そこに!全日本プロレス四天王の1人川田利明(関連記事)が参戦、しかもUインターの高山とシングルするっていうんですから、もうテンションアゲアゲ(笑)。どんな試合するんだろうというワクワク感半端なかった。当時Uインター取締役の鈴木健さんが交渉の様子を振り返ってます。これは面白いな。怖いものなしというか(笑)。続きからです。









■鈴木健「川田がそんなすごい奴とか知らなかった」「川田でいいや」
‐「あのときは、メインイベントが高田さんと天龍さんの一騎打ちで、さらに全日本から川田利明選手が参戦して、橋本さんとか新日勢までいて、すごいメンバーでしたもんね。」
鈴木「あの交渉を、俺ひとりでやったんだからね。新日本とも天龍さんともジャイアント馬場さんとも交渉したから。」
‐「ある意味鈴木さんがそこまで業界を知らなかったから、あの御大ジャイアント馬場に対しても強気の交渉ができたという(笑)。」
鈴木「そうなんだよね(笑)。」
‐「プロレス界の人間にとっては、殿上人みたいな人ですから、なかなかホイホイと馬場さんのところに行けないもんですけど。鈴木さんは、川田利明選手を貸し出ししてもらえるってときにも、最初は『川田じゃな~』とか言ってたんですよね?」
鈴木「だって、川田がそんなすごい奴とか知らないしさ(笑)。」
‐「あの90年代半ば、全日本プロレス四天王の一角だった川田の価値を知らなかった(笑)。」
鈴木「だから最初はもともとウチにいたゲーリー・オブライトかスティーブ・ウィリアムスを借りたいと思って交渉に行ったの。そうしたら馬場さんが『川田か田上(明)じゃダメか?』とか言って。俺はその価値がわからないからさ。一応 『会社に話を持ち帰って、高田さんに『ゲーリーもスティーブもダメだって。『川田か田上じゃダメ?』って言われちゃつたよ。そんなのいらないよね?』って言ったら、『何言ってるの!川田がいいよ!』って(笑)」
‐「高田さんに言われて、ようやく川田さんの価値に気づいて(笑)。」
鈴木「でも、そこで『川田を貸してください!!お願いします!』って言ったら足元見られると思ってさ。『馬場さん、しょうがないから川田でいいや』って、本当にそう言ったんだよ(笑)。それで川田の参戦が決まったんだけど、それを発表したら、残りのチケットが全部売れちゃったからね。『あ~ホントに川田でチケットが売れるんだ』って思ったよ。」
  ※「俺たちのプロレス vol.4」より
 







 馬場に対して「しょうがないから川田でいいや」か(笑)。なんか爽快ですね(笑)。当時、自分も川田の参戦が発表されて、いてもたってもいられなくなってチケット買いましたね。それくらいのインパクト。そんな仰天カード実現の背景に川田の価値を知らない交渉人がいたんですね。Uインターってのはこの交渉もそうですけど、後に様々なことにチャレンジする団体でした。上手くいくことも失敗することもありましたが、記憶に残る仕掛けをありがとうと言いたいですね。川田参戦を聞いた時の驚きは今も覚えていますよ。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
あの大会は
前年に行われた『夢の懸け橋』やのちの『ALL TOGETHER』の様なオールスター戦とは異なる本当の意味での『対抗戦』でしたね。全女みたいな。
結局あの試合を起点として高山がプロレス開眼しましたし。

でもこの鈴木健インタビュー、かつての発言とは内容変わっていますよね。
初めはハンセンを要求したって話だったはずです。
[2017/05/26 09:44] URL | 紫レガ #- [ 編集 ]

はじめまして
初めてコメントします。
自分は平成生まれのプロレス初心者で、YouTubeで三沢や川田の試合を観てプロレスに興味を持ちました。

馬場さんはなぜ川田と田上を推薦したんでしょうね?
この二人ならUインターのリングでも活きるっていう馬場さんの判断があったんでしょうか。

あと高田が「川田がいい」って即決しているのがちょっとおもしろいです。田上じゃだめなんでしょうか(笑)。
もし田上が参戦、試合も高山対田上になっていたら高山の全日参戦もなく、後の『プロレス界の帝王』としての高山はなかったかもしれませんね。

いろんな意味で、この馬場さんの提案が与えた影響って大きかったんでしょうね。
[2017/05/26 21:01] URL | やはぎ #xbLutxK. [ 編集 ]


紫レガさん。こんばんは!そうですね。交流戦とか、唐突に発表されテーマが伝わってこない対抗戦とかとは明らかに違う他団体同士の緊張感ある交わりでした。高山は試合巧者の川田との交わりで新たなプロレスを発見したじゃないですけど幅を広げるきっかけになりましたね。

ハンセン要求話ありましたね。あれは鈴木さんの発言でしたか。時が流れ記憶が違う交渉とごっちゃになってるんですかねえ。この対抗戦級の緊張感をまた味わいたいんですけど、なかなか(笑)・・・ないですよねえ。
[2017/05/27 23:29] URL | H.T #- [ 編集 ]


やはぎさん。はじめまして。こんばんは!平成生まれですか。YOUTUBEで四天王プロレスを。凄い!

なぜなんでしょうねえ。推測になりますけど川田は全日本では珍しい蹴りを得意とする選手なのでUのリング向きであるとも言えますね。田上は難しいですねえ(笑)。Uインターの選手はスリムな選手が多いので身体の大きい田上なら、より体格差の重要さというものをUファンに伝えられるチャンスと思ったかもです。

自分がもし高田の立場だったら川田ですね(笑)。田上は地味ですし川田のほうが華ありますし、高田からしても魅力的に映ったのではと推測します。言われる通りで川田だからこその高山の後の躍進だと思います。川田の試合巧者ぶりは小川直也戦とか見てても達人級というか誰が相手でもよい作品に仕上げてしまうところあるような。

馬場さんもいきなり四天王の2人を提案するのも凄いというか男気を感じます。
[2017/05/28 00:06] URL | H.T #- [ 編集 ]


川田さんのUインター参戦には驚きました。前にここでも書いて有りましたが「進め!電波少年」のヒッチハイクの旅で松本さんが今の日本で起きてることにこの事を報告したら猿岩石かドロンズの2人が偉い驚いてましたね。

この文を読むと鈴木さんは全日の事を余り調べてなかったのか?。ウィリアムスはならともかく、オブライトは戻りづらいでしょう。
なぜ。川田さんと田上さんでしょうかね?。川田さんはファイトスタイルはU寄りで田上さんは全日の高身長日本レスラーの筆頭だから高身長の高山さんに映えるでしょうか?。
ただ外国人より全日の四天王のほうが話題に成りますよね。

高田さんは全日の情報も知ってると思うから、そりゃあ田上さんよりはあのオブライトから腕ひしぎで勝った川田さんを選びますな。

だから馬場さんの「川田でいいや」は予想通りの結果だったかも知れません。何となく馬場さんの掌の上で踊ろされたような。

一昨年かなブックオフで週プロの増刊を買ったのですが、初めて知る事ばかりで良かったですね。ポスタープレゼントが有りましたが川田さんはまだ掲載されておらず、川田さん以外に渕さんや全日の若手も乗りこんだのですが、若手の衣装は全日のTシャツとジャージズボンでしたが渕さんはなぜかスーツ。それを編集後記でネタにされてましたが、後に全日分裂で渕さんが新日に乗り込んだ際にもスーツだったから他団体に乗り込む為の勝負服だったかも?。


[2017/06/12 20:28] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!電波少年懐かしいですね。あの時期とちょうどダブるんですね。仮に自分が海外にいてその事実を知ったらビックリ仰天ですよ。川田がU参戦とかインパクトありすぎですよね。

鈴木さんは高田のファンクラブからの繋がりということを考えると、ファン時代からU一筋、U以外あんまり興味なしだった可能性ありますね。なんでなんでしょう(笑)。上記の自分の推測と違うこと言ってみると三沢と小橋は看板なのでいきなりは出したくない。でも馬場さんなりにUインターに敬意を表したいから川田と田上とか。

そうですね。高田が川田の価値に気がつかないはずないですよね。

ほんと、馬場の提案は考えさせられますね。言われるように馬場さんの手のひらの上だったかもです。

週プロ増刊ですか。時期は三沢らが全日本を抜けたあたりですか。もっと前かな。全日本っていうと赤いジャージのズボンの印象が強いです。渕はスーツの印象ありますね。新日本に乗り込んだ時のマイクがスムーズで驚きました。馬場さんがいる時はしゃべっている印象薄かったので。
[2017/06/13 03:16] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4345-4b842e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード