日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
武藤敬司とジャンボ鶴田

 14日「ドラゴンゲート」に参戦した武藤敬司(関連記事)がプロレスフェス開催計画を明らかに(YAHOO!ニュース)。これは複数の団体が一つの会場で、それぞれ興行をする感じなのかな。一つのリングで順番に試合するにもよし、それぞれリングを設置して試合するもよしってとこなんでしょうか。自分は昨年末の「RIZIN」を思い出しました。リング上での総合格闘技以外にも写真展、プロレス、グラップリング、屋台など様々なものが提供されてました。見る側が散漫になるのはあると思うんですが、武藤は「人気投票」というワードを出しているので、団体の競争心を煽っているとも言えます。斬新な企画だけに楽しみではあります。
 武藤が参戦した「ドラゴンゲート」(関連記事)は山梨大会でした。つまり地元興行。鷹木信悟も山梨出身なんですね。試合では武藤に敗れるも、得たものの大きさから満足そうなツイートをしてますね(ツイート)。両者は先週の週刊プロレスで対談しているんですよ。そこで話題に出た人物がジャンボ鶴田(関連記事)。鶴田も山梨(関連記事)県人だった・・・。武藤と鶴田はリングでの接点はないですが、鶴田兄(東スポWEB)との接点を明らかにしてます。続きからです。









■武藤「(ジャンボ鶴田の)お兄さんと柔道やったことあるよ」
鷹木「山梨の先輩だと鶴田さんもいますけど、リアルタイムで全盛期を見ることがなかったんでボクの中では鶴田さん、武藤さんに続くレスラーにならなければという思いもあります。そういえば、先日、鶴田さんのお墓参りにも行かせてもらったら、お兄さんとお会いしました。」
武藤「オレ、お兄さんと柔道やったことあるよ。」
鷹木「え!?」
武藤「似てるでしよ、顔とか。」
鷹木「似てます。どのタイミングで試合やったんですか?」
武藤「学生時代に地域代表のなんかで、一般人の。」
鷹木「すごい。だから、これも思ったんですよ。鶴田さんと武藤さんがリング上で対戦されることもなかったじゃないですか。それもあって同じ山梨県人として武藤さんと当たりたいって気持ちが強かったんです。でもお兄さんと対戦してたとは…。」
  ※「週刊プロレス 2017年 05/17号 No.1902」より







 武藤の柔道時代。あの木村政彦との接点もありました(関連記事)。まさかジャンボ鶴田兄に繋がるとは驚き。鶴田はバスケット、アマレスをやっていたと思いますが、鶴田兄は柔道経験者だったんですね。ジャンボと武藤の試合見たかったな。同郷だというのは意外にも気がついてなかった・・・・。
 武藤はグレート・ムタのドラゲー参戦を示唆してました(ツイート)。鷹木との同郷から始まった武藤とドラゴンゲート。まだ続きありそうな気配です。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

へー、武藤さんがね。

山梨県出身のレスラーで井上雅央選手と金丸選手を忘れないで下さい・・・。
[2017/06/10 23:17] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。井上と金丸ですか。完全に忘れてたというか知らなかったです(悲)。金丸は鈴木軍として、以前では考えられないようなキャラですよね。
[2017/06/12 14:20] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4336-2e5ad399
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード