日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
内藤「(棚橋は)お笑いに走るくらいなら、新日本から去った方がいい」

 真珠・オークライヤー(関連記事)のインタビューがアップされてます(YAHOO!ニュース)。野沢直子の娘ということで注目されていますが、見栄えが良いですし、強さをアピールできればかなりの人気出ると思います。「真珠トルネード」というオリジナル技の存在を明らかにしてます。アンディ・フグの「フグトルネード」(YOUTUBE)を思い出したのは自分だけでしょうか(笑)。「RIZIN」デビュー戦が楽しみです。
 藤波辰爾45周年興行。40周年の時(関連記事)と同じく豪華メンバーが集まってます。猪木に前田、そして北沢。北沢あってのプロレスラー藤波ですよね(関連記事)。集合写真をみると(YAHOO!ニュース)、やはり皆年取ったなあという印象。猪木から一番若いエネルギーを感じてしまいます。74歳には見えない。やっぱり普通じゃないからかな(笑)。
 週プロ読んでます。内藤哲也が棚橋に辛口コメントしてます。最近の棚橋は田口ジャパンの構成選手として試合すること多くなりました。元IWGPヘビー級王者という肩書からすると確かにトップ前線から距離を置いている印象ですね。内藤からすると、そんな棚橋を見たくないんでしょう。辛口・・・エールも含まれているはず・・・続きからです。









■まさかお笑いに逃げるとは
内藤「東京ドームでトドメを刺してしまいましたけど、でもそのあとまさかお笑いに逃げるとは思ってなかったので。お笑いに走った棚橋には、あらためてガッカリだなと」


■非常に寂しい
内藤「・・・(略)上がることをあきらめ、お笑いに走った。むしろ今までの棚橋を応援してたお客様は、その姿を見てどう思っているんですかと。そんな棚橋の姿を見て、希望を抱くことなんてできるんですか?ファンもいっしょにあきらめてしまったんですか?って。かつて棚橋を追いかけていたオレからすれば、いまの姿は非常にさびしいですよ。お笑いに走るくらいなら、もう新日本から去った方がいいんじゃないですか。」


■挑戦者ジュース・ロビンソンに不満
内藤「・・・・(略)・・・彼(ジュース・ロビンソン)がこの先、ビッグマッチのメインに立てることは一度とないでしょうから、自分の家族でもなんでも別府に連れてきた方がいいんじゃないですか?そしてそんな余裕があるかどうかはわからないけど、彼も十分に楽しめばいいんじゃないですかね。まあ、別府でのビッグマッチに関しては、もうすでにハッピーエンドが約束されてますから。どう転んでも、『デ・ハポン!』の大合唱が約束されたビッグマッチですからね。別府大会を観戦予定のお客様は間違いなくハッピーエンドで帰ることができるので、そのへんは安心して会場に来ればいいんじゃないですか。」
  ※「週刊プロレス 2017年 5/3 号」より








 棚橋は田口ジャパンとしてリング上でマイクを振られると、なんだか複雑な表情してるように見えます。自分にはかなり悩んでいるように見えましたが、どうなんでしょうねえ。週プロの棚橋連載コラムではプロレス媒体以外のTV出演について語ってました。この件については前にも語ってましたね(関連記事)。棚橋なりに違うところから上を目指しているのか、リング内で上を目指すことよりもプロレスそのもの地位を上げる活動に力を入れたいのか。振り返るとジャイアント馬場はリングに上がりつつもクイズ番組に積極的に出演したりしてましたね。プロレスはあまり知らなくてもジャイアント馬場は知ってるっていう人多かったと思います。
 そして、4.29大分別府大会。メインのIWGPインターコンチ選手権【王者】内藤哲也vs【挑戦者】ジュース・ロビンソン。自分、この興行観戦予定です。まあ予想は内藤勝利ですよねえ。ハッピーエンド・・・内藤の言うように安心して会場に行こうか(笑)。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4311-014eab64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード