日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
EVILのプロレス師匠

 昨日の新日本後楽園ホール大会を見ました。オカダ(関連記事)の挑発に怒った柴田が奇襲を仕掛けたんですけど、カウンターのツームストンパイルドライバーを食らい瀕死の柴田、そこにオカダが「ゆとり、ゆとり、散々バカにしてくれたな。ゆとりなめんじゃねえよ!」のきつい口撃(YAHOO!ニュース)。柴田、前哨戦では1本取られた印象ですね。4.9両国でのIWGPタイトルマッチ【王者】オカダvs【挑戦者】柴田がより楽しみになってきました。
 もう一つの試合、NEVER6人タッグ選手権試合。田口ジャパン(田口、棚橋、リコシェ)が【王者】L・I・J(BUSHI、SANADA、EVIL)に見事勝利し新王者に。田口監督(関連記事)、勝利後に妙なサッカースタイルの分析をし会場に笑顔をもたらせてました。さすがは監督(笑)。教え子もいっぱいいることでしょう。今となっては意外な教え子もいます。続きからです。










■かなりおとなしかった時期
パレハ「内藤選手はEVIL選手がアニマル浜口ジムに入会したときから知っているそうですが、当時の印象は?」
内藤「あの頃はかなりおとなしかったですね。コッチがなにか言っても『はい』しか返さない感じで」


■内藤に弟子入りを志願するも断られ別の先輩へ
パレハ「ちなみに弟子入りを断られたEVIL選手は、誰か他の先輩にプロレスを習ったんですかね?」
内藤「ああ、あの緑のヘンな監督ですよ。」
パレハ「えっ、田口監督ですか!?」
内藤「フフフ。EVILはある種、タグチジャパンの1期生だったのかもしれないですね(笑)」


■EVILのマイクに驚いた内藤
内藤「むしろ波乱だったのが、(NJC1回戦での棚橋戦勝利)試合後にEVILがマイクで大会を締めたことでしょう(笑)」
パレハ「たしかにあのマイクはサプライズでした」
内藤「一応、オレもEVILが勝った瞬間、リングに向かおうとしてたんですよ。オレが、『EVILの力を見たか!』みたいな感じで締めようとかなって。そうしたらEVILがマイクを握ったので『エッ、まさか!?』っていう(笑)」
  ※「週刊プロレス 2017年 04/12号 No.1897」より







 EVILは田口監督からプロレスを習ったんですね。最初は内藤に弟子入り志願したそうなんですけど、内藤は既に高橋ヒロムを指導していたため断った、それで田口になったと。第2希望みたいなもんかな(笑)。昨日の後楽園ホール大会で両者は対戦してましが、EVILが監督のケツをたたいたり、師弟関係には見えない(笑)。4.9両国でも対戦するようなので2人を絡みを注目してみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4294-839fcbda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード