日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
初代タイガーのピンチを救った出来事

 「KAMINOGE」で連載中の「真説 佐山サトル」。イギリスでサミーリーとして売れっ子だった佐山(関連記事)をタイガーマスクとしてデビューさせるために帰国させようとするも、佐山は難色を示す。そこで佐山を説得するための最終手段が「(帰国しないと)猪木さんの顔を潰すことになるぞ」という文句。その文句に負け帰国しマスクを被った佐山・・・タイガーマスクとしても大人気者になるんですね。ほんと才能豊かというか、動きだけで周囲を大満足させてしまえるんですよね。
 その初代タイガーマスクの良いお話。虎ハンターこと小林邦明(関連記事)によりマスクを剝がされたタイガーマスク。大ピンチ!そこに・・・マスクが飛んでくるんですよ。続きからです。








佐山「まさかああいうことが起きるなんて、晴天の霹靂ですね」
佐山「その時は神のような存在でしたね」

小林「余計なことしやがって(笑)」
→これ、今は無き番組「何コレ珍百景」からの劇的エピソードです。小林によりマスクを剥がされたところにリング外からマスクが投げ込まれる。そのマスクを被りタイガーはピンチ脱出。マスクを投げたのは16歳の少年だったんですね。その少年は現在、寿司屋さん。佐山からお礼にマスクにサインを入れ返却され、その後も付き合いが続いているとのこと。ぜひ動画をみてみてください(YOUTUBE)。良い話!







 良いお話。少年はタイガーを救いたい一心だったんでしょうね。当時のファンの熱さ。タイガーマスクがいかに少年のヒーローだったかが伝わってきますね。けっこう立派なマスクで違和感もない・・・エル・サムライのピンチに変なマスクを持ってきた真壁(関連記事)とは違いますね(笑)。  
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4289-841be5f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード