日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
巌流島決戦の特殊さ

 WBC準決勝 日本vsアメリカ。敗戦(2-1)しましたけど惜しかったですね。野球はそこまで熱心に見ている方ではないですが、こういうイベントがあると見ちゃいますね。WBCは今後続くかどうか・・・という話があるようですが、今回も盛り上がりを考えると続けてほしいもんですよね。今大会はプロレス総選挙との絡み(関連記事)もありましたし(笑)、個人的にはより記憶に残るものとなる気がしますね。
 この間、マサ斎藤のドキュメンタリー(関連記事)を見たので今日は巌流島決戦 アントニオ猪木(関連記事)vsマサ斎藤(関連記事)の話題でも。巌流島という場所で試合すること自体、特殊ですが、その他にも特殊で溢れていた試合。続きからです。








■ルールはお互いのプライド
『【決着はどちらかがどちらかをKOし、リング横のゲートをクグッた瞬間】そして、この巌流島ではもう一つ、ルールが併記された。『お互いのプライドのみをルールとする】』


■組み合ったのは試合開始37分してから
『試合開始は午後4時半と告げられ、ストップウォッチがスタート。だが、猪木も斎藤も全くそれを気にしておらず、実際に2人が組み合ったのは、開始37分してからだ。』


■お客不在がリングのスプリングなしに繋がった可能性

『ほどなくして斎藤はリングの異変に気付く。硬い。リング下のスプリングが抜かれているのだった。だが、今日ばかりは客を気にする必要はないから、派手な技も要らないよという気遣いでもあっただろう』
   ※泣けるプロレス 心優しきレスラーたちの35のエピソードより






 最近はIWGP王座戦が40分超えたとか話題になりましたが、巌流島決戦は37分で初めて組んでいるという(笑)。これは特殊ですねえ。通常のシングルマッチでこれやったら・・・おそらくブーイングでしょうね(笑)。リングのスプリングなしは、どういう意図なんでしょうね。ソースでは「派手な技も要らないよという気遣いだろう」と推測されてますが、どうなんでしょうねえ。一撃の威力を上げ緊張感を上げたかったとか・・・あるいは、ただ単に島にスプリング持ってこれなかったとか(笑)。最後にルールですね。「お互いのプライドがルール」。これは熟練者、信頼をおける技量を持ったレスラー同士の対戦だからこそのルールかなと感じます。
 巌流島・・・一度、観光がてら行ってみたいなあと、たまに思います。行ったらただの島なんですかね(笑)。そういえば大谷晋二朗は巌流島決戦の時、関門海峡を何往復かして巌流島を見てたそうですよ。プロレス好きが伝わってくるエピソードですよね。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

いいですねぇ、こういった話題。しかもマサさんって所が実にツボを得てますねぇ!!
華麗でプ女子の黄色い声援飛び交うハッピーエンドプロレスに
イン●テンツ気味の昭和新日世代には思わず喰い付きたくなる内容です。

UFO旗揚げの時も猪木は『ルールはお互いのプライドでいいんじゃないか?』
と話してましたねぇ。
あの時はゴルドー、ドンフライらも参加してたので本当にそれでやったら危険な感じもしましたが。
これからも息抜きにこういった実に素敵な話題をお待ちしております。
[2017/03/23 22:56] URL | 風天のヒロ #- [ 編集 ]


風天のヒロさん。こんばんは!マサさん好きなんですよ。試合も解説も(笑)。巌流島決戦には黄色い声援など無縁ですよね(笑)。お客さん不在なので収益という面では苦しいかもですが、今の時代にこれができるとか、と考えるとなかなか・・・。

『ルールはお互いのプライド』っていうのは、ほんと熟練者だからこそのルールかなと感じるんですけど、それをゴルドー、ドンフライに当てはめると緊張感あり過ぎで気が抜けません(笑)。猪木はそれを狙ってるって考えると巧いルールなのかなと思えたり。

ありがとうございます。今後も頑張ります。
[2017/03/24 03:42] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4281-b7eab453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード