日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「UFC.209 ウッドリーvsトンプソン.2」 勝利者コメント&感想
 
 本日、新日本プロレス大田区総合体育館大会ですね。IWGPジュニアタイトルマッチ【王者】高橋ヒロムvs【挑戦者】田口隆祐、オカダ・カズチカvsタイガーマスクW(関連記事)。注目ですね。タイガーが勝ってタイトルマッチへという展開も期待しちゃいます。
 今日は、昨日開催された「UFC.209」の勝利者コメントと簡単な感想をアップしときます。「DAZN」を再び契約してライブ視聴しました。「DAZN」はJリーグで不具合を発生させたと話題になってます(AVWATCH)。ツイッターみるとUFCでも視聴に障害があるというのを目にしましたが、自分は大丈夫ですねえ。視聴といっても様々な方法がありますよね。PC、使用するブラウザ、IPHONE、アンドロイド。前に契約した時にPCのブラウザFIREFOXで見ると不安定でした。視聴方法によっては不安定というのがあるかも。それも問題ですけどね。自分はアンドロイドアプリで安定してみれてます。ではコメントを続きからです。










■アリスター「ハントのファンですから」
‐「ヒザの一撃の凄さはあなたが一番ですね」
アリスター「ハントはタフだ。以前、試合したことありますし、私もハントのファンですから。でも私のチームも頑張ったしよくここまできました」
 →膝蹴りでアリスターがハントをKO葬。剛腕ストライカーを相手にした時のアリスターでしたね。少々逃げ腰気味というか(笑)。負けたら批判されそうな手堅さなんですけど、その作戦は巧く働いて勝利という結果に繋がりました。勝利者インタビューでもありましたが、あの膝の破壊力はアリスターだからこそですね。打たれ強いハントもあれを食らったら耐えれない。嬉しそうなアリスターを見てるとこちらもニヤついてしまします(笑)。気になるのはハントの今後ですね。現在UFCとレスナー戦の件で裁判で争っているようですし(関連記事)、今回結果も出ませんでしたし・・・「RIZIN」どうですか(笑)。




■シンシア・カルヴィーロ「ベストグラップラーが揃っているチーム」
‐「UFCデビューでPPVで勝利ですよ。おめでとうございます!」
シンシア「ありがとうございます。準備はできていました。凄いチャンスだというのもわかっていました」

‐「アナコンダからのバックを取る動きが素晴らしかった。フレキシブルな動きでした」
シンシア「ベストグラップラーが揃っているチームで、恵まれています」
 →バックチョークでシンシアが1本勝ち。女子に新しい選手が出てきましたね。この試合はフィニッシュムーブですね。アナコンダチョークを仕掛けながら、身体が柔らかいのか、バックポジションを取り、そのままチョークへ移行するという新鮮なムーブを見せてくれました。




■ダニエル・ケリー「ワタシの打撃良くなってるでしょ」
‐「UFCでの最高の勝利じゃないですか?(相手は)元UFCライトヘビー級チャンピオンですよ」
ケリー「嬉しいです。レジェンドと言われる選手に勝つことができました。最高です」

ケリー「私の打撃も良くなってるでしょ?ランカーとやりたいです。私の力をみせてやりたい。ラスベガスの皆さん本当にありがとうございました」

 →判定2-1でケリーが勝利。元ライトヘビー級王者エヴァンスがミドル級へ移行しての試合だったんですけど、まさかの敗戦。ケリーの打撃は綺麗な感じじゃないですけど、前へ出続け、距離を詰めるとアッパーや柔道技術が生きる。これにエヴァンスは苦しめられました。ケリーは身体が骨太というか、エヴァンスと比べて同階級に見えない(苦笑)。強い選手が存在感を出してきました。



■テイムル「これでKO2連勝」
テイムル「夢が叶った。まだここにいる。これだけのファンの前で戦って勝ってここにいる。みんなのことが大好きです」

テイムル「これでKO2連勝。いい試合も魅せたしパフォーマンスオブザナイトもらえそうだよね」

 →判定3-0でデヴィット・テイムル勝利。ハイレベルの打撃戦を制したのはテイムル!総合力、特に近距離でのヒザ蹴りが良かった。負けはしましたがバンナタの打撃最高です。昨年のインパクトKOでも扱った選手です(関連記事)。当ブログ一押し(笑)。負けはしましたが、試合がトリッキーな打撃で試合が面白すぎる。確実にリリースはないだろう(笑)。次が楽しみ!



■ウッドリー「トンプソンを仕留めるのは困難」

ウッドリー「非常にナーバスだった。トンプソンは前回よりも強くなってた。最終ラウンドはやるっきゃないと思ってました」
ウッドリー「彼がアウトサイドから攻めてくるのがわかってた。第5Rは頭を使って、まあ、それでも接戦になってしまった。彼を仕留めるのは困難だった。」

‐「大ブーイングが起きてますが、私はいい試合だったと思います。危険な相手だからこうなるんですよね?」
トンプソン「そうなんです。ベストな試合ができたと思ってます。彼は伊達にチャンピオンじゃありません。」
‐「判定では勝てると思いましたか?」
トンプソン「はい勝ったと思いました。私の方がパンチを命中させてましたからね」
‐「ありがとうございました。いい試合でした」
 →判定2-1でウッドリー勝利。正直退屈に感じる時間があった試合でしたけど、ハイレベルで再戦という背景もあってお互い知り尽くしている部分があってこそ生まれる空間なんだなというのは伝わってきました。会場がブーイングで包まれるのもしょうがいない試合かな。そのような雰囲気の中で聞き手のジョー・ローガンが「私はいい試合だと思う」としっかり主張してるのが凄いなと思いました。ローガンは格闘技経験者ですから、あの試合の駆け引き、両者の心理戦を理解できるんでしょうね。ただ見てるファンは圧倒的にそういう視点では見れない。なかなか考えさせられる試合でした。
 ※「DAZN」より







 面白かった。昨日から「ドコモforDAZN」を契約しました。半額で見てます。嬉しいねえ。ではでは今週もがんばますか。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

毎日お疲れ様です!
209見ました!ジョーローガンはこの試合の後に、各ラウンドの終わりにスコアをアナウンスするのはどうだろうかとツイートしてます。そうすればファイターがフィニッシュを必要とするのではないかと感想述べてました。
拮抗した(退屈した)試合にはいい刺激になるかもしれないですね。
それくらい素人目には退屈極まりない試合だったのかなと思います。ハビブもドタキャンといい、最近なかなかいいカードに恵まれないですね。
[2017/03/07 18:25] URL | インザーギ #- [ 編集 ]


インザーギさん。いつもありがとうございます!ジョー・ローガンはそのような提案をしていたんですね。現代も団体のよっては公開しているところあったような。確かに選手が現状を把握することにより試合内容も変わってくる可能性高まりますね。
高いレベルだけに退屈さを感じるものでしたね。チャレンジャーであるトンプソンがもっといければ。試合が急きょなくなりましたね。最近はネガティブニュースが目立つUFCだけに、試合で追い風が吹くぐらいのものが生まれればと思いますね。
[2017/03/08 15:22] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4262-ebbe049c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード