日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
4代目タイガーマスクがタイガーマスクWを認める

 昨日開催された新日本プロレス後楽園大会をみました。楽しみにしてたのはメインですね。オカダ・カズチカ(関連記事)、外道(関連記事)vs4代目タイガーマスク(関連記事)、タイガーマスクW(関連記事)。この試合は3.6大田区総合体育館大会で行われるオカダ・カズチカvsタイガーマスクWの前哨戦という位置づけなんですが、4代目タイガーとタイガーWのタッグも楽しみでした。現在のプロレス界でタイガーマスクって言ったら4代目タイガーだったわけですが、そこにポンと現れたタイガーマスクW。アニメタイアップとして会社のプッシュもすごく感じます。それを4代目タイガーはどう感じているんだろう、というのが気になってました(関連記事)。
 試合を簡単に説明すると、まず・・・オカダがデカい(笑)。4代目タイガー、外道はジュニアですしタイガーWは謎めいていますがギリヘビーってとこでしょうか。凄くオカダの重量感が目につきましたね。フィニッシュはタイガー組のダブルダイビングヘッドバットからタイガーWが場外のオカダへムーンサルアタック。その間に4代目がタイガースープレックスで外道から3カウント。見事なタイガーコンビネーション!前哨戦はタイガーWがリードかな。そして、試合後に4代目タイガーがマイクでタイガーWについて語りめました。続きからです。
 








■佐山直系のタイガーに改めて誇りを
解説(東京スポーツ岡本さん)「(4代目)タイガー選手に話を聞いたんですけども、やっぱりね、当初はタイガーマスクWというアニメから出てきた新しいタイガーというので、もちろん面白くはなかったと。はじめはですね。でも、自分とは関係なくですね、自分は佐山聡さんの初代タイガーマスクから受け継いだタイガーマスクというものがあって、自分にはそれしかできないんだと。そういう風に思うと改めて自分のスタイルに対する誇りというものがでると、いうようなこともおっしゃってましたし、まあW選手がタイガーマスクにどれだけ近づけるか楽しみだと、いうようなことも言ってましたね」

■4代目「タイガーマスクWを見て誰でもタイガーになれるのかなと思ってた。でも!」
4代目タイガー「今日はこのダブルタイガーを観に来てくれてありがとうございます!え~彼が初めて両国に出てきた時は、またタイガーマスク出てきたよと(会場笑)。何人タイガーマスクでんだよと。誰でもなれちゃうのかなあ、なんて。思ってました。でも!今日の試合みてどうですか?(場内拍手)彼はタイガーマスクではなく、真のタイガーマスクWです!」

■タイガーマスクWはしゃべれない

タイガーW「(4代目タイガーに耳打ち)」
4代目タイガー「すいません。彼はしゃべらないので(会場笑)。いま、耳打ちされました。3月6日大田区、IWGPヘビー級チャンピオンのオカダ・カズチカをWは必ず!首をとると言ってます。とにかく、大田区、期待してください。ありがとうございました!」
  ※「新日本プロレスワールド」より







 認め合うタイマーマスク。心地よい光景でした。オカダも言ってましたがタイガーマスクWの呼び方はタイガーマスクW(ダブリュー)じゃなくてタイガーマスクW(ダブル)。4代目も間違えてましたね(笑)。3.6大田区、ベルトはかかってないですが王者から1本とるタイガーW見たいな。あと認め合ったタイガータッグ。また見たいです。タッグベルトを狙うのもいいですね。ではでは
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4258-83c1a381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード