日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
飯伏幸太「(2017年はWWEのひとり勝ちが)もっと拡大するのではないかと」

 「深イイ話」見てたら強い女性というテーマで中井りん(関連記事)の名が。地上波番組で名前が出て、勢いがさらに、といったところですが、突然の「活動休止宣言」をブログでアップしているようです(中井りんの日記)。タイミング的に勿体ないですよね。体調を治して復帰してほしいです。体調だけならいいんですが・・・・
 3.6新日本プロレス旗揚げ記念興行でのオカダ・カズチカvsタイガーマスクWのスペシャルシングルマッチが発表されました(YAHOO!ニュース)。IWGP王者オカダからアピールされた1戦でしたが、思ってたより決定が早かった。タイガーマスクWの正体は実力者でしょうから、良い試合になることは間違いないでしょうね。ただ個人的にタイガーマスクWは正体バレバレムーブを見せたり、思い入れ・・・もしかして薄い!?って感じてしまうことがあります(関連記事)。考えすぎかなあ。2017年はより世界をターゲットにしている風にも受け取れます。続きからです。









■日本のプロレスにとってちょっと厳しい年になるのかな
飯伏「やっぱりですね、プロレスにとってはちょっと厳しい年になるのかなあと」
‐「あ、そうですか」
飯伏「ちょっとだけですよ」
‐「それは日本のプロレスが?」
飯伏「日本です。でもそれは世界的にもWWEも独り占め感が強くなってるので、そうなると日本だけじゃなくてほかの国もちょっとだけ弱くなるのかなという気がします」


■ホームページを作り海外からのオファーを
飯伏「(2017年、WWEひとり勝ちが)もっと拡大するんじゃないかなと・・・・(略)自力でホームページ作ってみたらどうなるんだろうとか・・・・(略)飯伏プロレス研究所としてのホームページですよ(笑)。もし作ったとしたら、そこに海外からのオファーも来るわけじゃないですか」
  ※「KAMINOGE vol.62」より







 飯伏はフリーなわけですし、ある意味、熱いマーケットを選択するのは当然のことですよね。なかなか解釈の難しい言い回しでもあるんですが、海外からのオファーを効率よく引き受けたいという思いを感じることは確かです。2017年スタートし約2か月経過しましたが、タイガーマスクWと海外の飯伏幸太、どちらの比重が多くなるのか注目していきたいです。あ、そうそう、オカダvsタイガーマスクWのシングルも注目ですが3.1新日本プロレス後楽園ホール大会でのオカダ、外道vs4代目タイガー、タイガーWもかなり楽しみ!Wが誕生してからよく思うんですが4代目タイガー(関連記事)はどういう気持ちなんでしょうねえ。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4242-9f3b0e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード