日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ギャビ・ガルシアを倒した女。マッケンジー・ダーン

 「RIZIN」で快進撃を続けているギャビ・ガルシア。女子プロレスラー(関連記事)に倒してほしいところですが、今日はギャビを倒した選手の話題でも。マッケンジー・ダーンですね。「2017 World MMA Awards」(関連記事)のサブミッション部門でノミネートされてました。MMA2戦2勝でとにかく寝技が非常に強い。ギャビを倒したのはMMAではなく柔術大会で、現在は両者ともにMMAデビューしてます。ギャビから勝利したのは「アブダビ・ワールド・プロフェッショナル柔術チャンピオンシップ2015」無差別級です(MMAPLANET)(YOUTUBE)。階級は柔術大会だとライト級、MMAだとUFCのヨアナ・イェンジェイチックを意識してるのでストロー級になるのかな。大きな体格差あるなかギャビ攻略したんですね。あと注目点としてマッケンジーは「柔術界の爆乳アイドル」と呼ばれているようで、日本だと中井りんと同じカテゴリになるのか・・・画像検索するとわかりますねえ(Mackenzie Dern)。そういう意味でも見てみたい!と思う選手ですね。コメントを一部続きからです。










■7度目の対戦でギャビ攻略
マッケンジー「私が彼女に勝てたのは7度目の時、初めて勝つまでに6度もギャビに倒されてきたのよ。でも戦うたびに接戦になっていった。そして、私と試合するたびに彼女はナーバスになっていったわ」

■ギャビは自信家
長谷川「僕の経験だと、手の内を知ってる者同士の方がフィジカル差はモノをいうと思うんだけどなぁ」
マッケンジー「普通はそうかもしれないけど、彼女はギャビ・ガルシアだから。私がどれだけ危険か、感じることができないのよ。自信があり過ぎて。ノーギで戦った時に私が三角締めをセットアップしたら、それからの彼女は用心するようになったわ。でもね、ギャビは分かってないのよ。私が一度、トライアングルを仕掛けることができるようになれば、レッグロックだって仕掛けることができるし、トゥホールドだって狙えるの。毎回仕掛けをチェンジしていったわ」
長谷川「ギャビはマッケンジーのことを研究することがないの?」
マッケンジー「ノー。彼女は自分はそんな風に攻められることはないと思っているから。でも、私は自分の勝利が近づいていると感じていた。・・・(ギャビ)はそんなこと(対戦相手の研究、対策)しないのよ。
  ※「ゴング格闘技 2016年11月号」より








 マッケンジーのファンだというMMAファイター長谷川賢との対談からです。マッケンジーは現在「レガシーFC」でMMAしてますが、「UFC」を目標としているのは明らかで、今年中に参戦あり得るかもですね。楽しみだな。カロリーナ・コバケビッチとかペイジ・ヴァンザントのような、強さだけでなく容姿でも注目されるカテゴリになるのかなあ。
 マッケンジーの証言によるとギャビは脅威のフィジカルがあるだけに攻められなれてない、対策にも鈍感になるということかな。寝技師トノンの話と似ているところありますね(関連記事)。ギャビは絶対・・・神取の対策を真剣にしてなさそう・・・と考えると神取にも十分チャンスはある!
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4212-c5b7dd86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード