日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
試合巧者TAKAみちのくもショルダースルー受け身苦手

 先日、コナー・マクレガーが勝利後に「2本目のベルトを早くもってこい!」と要求し(関連記事)、しばらくしてデイナがもってきてご満悦でしたが、あれウェルター級のベルトだったらしいですね(笑)。すぐに用意できなかったのかウェルター級王者ウッドリーに借りたと(MMAIRONMAN)。その場しのぎの神対応(笑)。どうやらマクレガーが元から所有するフェザー級ベルトをもってきてなかったんですね。自分が持ってきてなくて「持ってこい!」ってのも理不尽だな(笑)。。近い将来、ウェルター級選手権ウッドリーvsマクレガーあったしてね。
 今日はプロレスのショルダースルーネタで。受け身が難しい技らしいですね。
グレート・カブキが語るショルダースルー受け身
Uインターでもショルダースルーの練習
 試合巧者TAKAみちのく(関連記事)はショルダースルーの受け身が嫌で受けなかったと。TAKAって何でもできそうなイメージあるので意外ではありますね。コメントを続きからです。









■あれだけは苦手だった
TAKA「自分ができなかったのは、ショルダースルーの受け身ですよ。あれだけは苦手だったんです、なぜか(苦笑)」

■相手がショルダースルーの体勢に入ったら潰してる
TAKA「グラン浜田との初シングルマッチの時に豪快に吹っ飛びすぎて、足から落ちてバキってやっちゃったことがあるんですよ。1発でトラウマになりましたね。それ以来、ロープに振られて、相手がショルダースルーの体勢を取ったら潰してますよ(笑)。俺は受けないです。できる自信がないから。」
  ※「Gスピリッツ Vol.13」より







 ショルダースルーの受け身の難しさが伝わる正直コメントですね。近年は使い手が減ってきたわけですが、仮に得意技にする選手が現れたらレスラー間でどう評価されるんでしょうね。おそらく受け身を嫌がる選手の方が多そう(笑)。TAKAみたいに潰す選手ばかりになると得意技として成立しないですし。扱いの難しい価値ある技ということで。この技を見せてくれた選手は確実にテクニシャンということですね。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント
ご無沙汰してます!
今年に入ってブロディの試合を振り返る機会が多いんですけど、ブロディのショルダースルーってほぼほぼ蹴りで返されてるんですよね。
これって「よっぽどブロディのショルダースルーって下手クソなのかな?」と思っていたんですが、H.Tさんの記事を読ませて頂いて、なる程なぁと。
猪木なんかは本当にブロディに信頼感なかったですしね。

単純ですけど、掛ける側にも受ける側にも相当な技術が要求される技なんですね。
また勉強になりました。ありがとうございます。
[2016/11/21 13:53] URL | 紫レガ #- [ 編集 ]


紫レガさん。こんばんは!ご無沙汰してます。そうなんですか。ブロディの相手の技術力の問題なのか、そもそもブロディが信用されてないのか(笑)、いろんな推測ができますね。自分もショルダースルーがこんなにも技術力を要求される技だとは思わなかったです。なるほど。猪木は信頼してたんですね。ショルダースルーは受けてたのかなあ。


最近の選手だとAJスタイルズがダイナミックなショルダースルー受け身しますね。かなり巧い選手なんでしょうね。いえいえ、こちらこそいつも勉強させてもらってます。マニアックな記事(笑)に反応ありがとうございます。
[2016/11/22 18:35] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4153-f2c8be5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード