日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
エストビー内田会長「マサ北宮が面白くて事業譲渡を決断した」

 AbemaTVで本日21時10分より「ONE.49 Defending Honor」が生中継。ONE世界ライト級チャンピオンの青木真也(関連記事)がエドゥアルド・フォラヤンとタイトルマッチ(MMAPLANET)。これは要注目でしょう。楽しみ!
 週プロ読んでます。株式会社エストビーに事業譲渡が決まったノア。エストビー会長に就任した内田さんのインタビューがあります。財政難のノアがスポンサー探しをするにあたり相談したのが、元全日本プロレス取締役の内田さん、結局良いスポンサーは見つからなかったが、マサ北宮(関連記事)の試合が面白く、事業譲渡という形でノアを支えていく気持ちが出てきたとのこと。続きからです。








■内田会長と不破社長が9.23ノア後楽園大会を観戦。事業譲渡を決断
内田「オレと不破でシレっとNOAHを見に行ったんだよ。そしたら、武骨な選手・・・マサ北宮が面白いですねって話をしてた。それもあって決断したんだよ」
内田「9.23後楽園。その時にNOAHを買うなんて発想は一つもなかったんだけど、見てみたらマサ北宮が面白くて」



■内田会長「(ノアの債務超過額は)知らない」
内田「(ノアの債務超過額は)オレは知らない。NOAHの弁護士さんが対応するんじゃないの。事業譲渡で残った会社の処理について、我々が携わることはできないし。弁護士さんと田上さんがやりとりするんじゃない。」
  ※「週刊プロレス 2016年 11/23・30 合併号」より







 財政的にかなり窮地な団体だけれども、選手の価値の高さ・・・より光ったのはマサ北宮だったようですが、それが内田会長、不破社長に伝わったんですね。あと内田さんが債務超過について他人事のようなコメントしてたので、大丈夫かなと思ってしまったんですが、自分が事業譲渡と買収をごちゃごちゃに考えていたからでした。買収は負債を抱える義務が生じるのに対し、事業譲渡は負債を追う義務はない。ユークスが新日本プロレスの負債も引き受け再建へと導いた。つまり買収になります。それと比較すると今回のNOAHの件は性質が違いますね。エストビーの内田会長、不破社長はNOAHの興行、商標を譲り受け新たなNOAHを作っていく。負債は田上社長と弁護士らの担当になるんですかね。白髪が増えた田上。あんまり無理のないように。新たな体制で来年は健康なNOAHが蘇ればと思います。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4148-81252163
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード