日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
キレ味鋭い内藤哲也の正論

 少し前の話題になりますが、新日本プロレス大阪大会。メインで内藤(関連記事)がリーサルを撃破でIWGPインターコンチネンタル王座防衛。そして、棚橋(関連記事)が現れ内藤へ1.4東京ドーム大会で挑戦を表明。「棚橋弘至になれなかった男」と内藤を挑発しました。これを聞いて自分は数年前に長州が永田に「天下を取り損ねた男」と言い放った出来事を思い出しました。棚橋は意識してたのかなあ。内藤は棚橋のようなベビーフェイスでいこうとしてた時期があったとは思うんですが、ファンからの支持がイマイチでしたね。適材適所という言葉がありますが、内藤には不向きだったポジションなのかも。棚橋の挑発を受け平静を保ってましたが、内藤はかなり腹立ったんじゃないでしょうか。ただその後の発言がいちいち正論で、現在の神ってる内藤を感じました。実況席も納得させた正論発言を続きからです。









■今の時期、1.4ドームの話題は(11.18開幕の)ワールドタッグリーグ観戦予定のお客様に失礼
内藤「(棚橋の挑戦を1.4ドームで受けると明言した上で)なに?ワールドタッグリーグの話は無視して東京ドームですか。それはさ。ワールドタッグリーグ、観戦予定のお客様に対して失礼だよ。だから、俺はまだ話さないよ。話す必要もないと思ってるしね。それより、タッグリーグの話、聞きたいでしょ。ちゃんと、仕掛けを用意してあるから。まあ楽しみに、待っててくださいよ。」

■実況席も納得
山崎一夫「さきほど金沢さんも言われた通り、彼の話が正論に聞こえてくるんですよね。いや、東京ドームの話の前にタッグリーグの話でしょって。確かにそうだなって思ってね」
実況「そうなんですよ」
GK金沢「正しいですよね」
真壁「(笑みを浮かべながら何度もうなずく)」
山崎「確かにそうだなって思う」
  ※「新日本プロレスワールド」より








 これは誰もが気づいてなかった正論になっちゃうのかな。振り返ると中邑退団時も正論コメントしてたんですよね(関連記事)。この時期になると来年初めのビッグマッチ、東京ドーム大会の話題になりますよね。内藤の言うように仮に自分がタッグリーグのチケット買ってたら、ドーム前の消化シリーズを観戦するような気持ちになるかもしれない。あまりにも正論で、ほんと神ってるなと(笑)。
 内藤は今のポジションを「ベビーでもヒールでもない」(関連記事)と言ってましたが、ほんとそうだなと。リング上では割りとヒールっぽい事するのに、リング外で正論過ぎること言ったりね。タッグリーグ戦の仕掛けを楽しみにしましょう。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

内藤選手って、最初はこうでしたっけ?。意味解らん事を言ったり、「トランキーロ!焦るなよ」とか意味解らん事を言ってたのに急に正論を吐くキャラに成ってしまったのか?。
僕が思うに中邑選手がWWE移籍が決まったからかなあ?。内藤選手は中邑選手の実力、人気は認めてるだろうし、居なくなるのは上昇してる新日に影響しかねない。中邑選手は「イヤァオ!」と叫んでるが、インテリキャラですから。その開いたインテリ枠に自分が。
観客に舐められないし、軍団の長として寝首を掻かれないようにしないと。
今は賢く無いと生きていけません。バカは・・・。
まあ、内藤選手は試合後のインタビューは結構淡々としてるし。
[2016/11/29 16:56] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!最初よりは若干・・・ファンの事を考えるコメントが多くなってるような気はしますね。内藤ってベビーには不向きな選手だとは思いますが、やっぱり・・・心の奥底には棚橋みたいなキャラに憧れがあるような気がするんですよね。そこが封印しきれず出てきてるんじゃないでしょうか(笑)。
言われるようにインテリ枠ですか。どこかでかっこつけたい精神が出てきますよね。でもほんとコメントとか巧いですし、プロレスのことばかり考えてるんだろうなと感心します。それほど好きなんでしょうね。
[2016/11/29 23:04] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4146-076e421b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード