日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
SANADA「(棚橋は)試合中。筋肉を見せてきたり(苦笑)」

 注目のノア新体制の発表がありましたね(YAHOO!ニュース)。新たに就任した内田社長のコメントで個人的に印象に残っところは「潤沢な資金でやるわけじゃない。新日本みたいに派手な回復じゃなく、コツコツやる方法もある」(YAHOO!ニュース)というところかな。自分はエストビーという会社の資金が気になってるんですが、その視点で見ると、このコメントちょっと気になりますねえ。ノアは価値ある選手が沢山いる団体なので、その選手らがリング上以外のことを気にせずに戦える環境が作れればいいな。良い方向に進んでほしい。
 11.5新日本プロレス大阪大会でシングル対決するSANADAと棚橋。この間タッグでの絡みで棚橋がドラゴンスクリューを仕掛けたら、すぐさまSANADAが同じ技で反撃してました。そう・・・この2人はルーツがダブるんですよね。武藤敬司(関連記事)・・・もっと遡れば藤波辰爾(関連記事)。興味深いですねえ。週プロにSANADAインタビューがあるんですが、もう一つダブるところがSANADAから語られてます。それは筋肉。お互い肉体美なんですよね。コメントを一部、続きからです。









■現状では棚橋が負けを認めている筋肉
SANADA「勝負論以外でも対抗してくるところがあって、試合中、筋肉を見せてきたり(苦笑)」
‐「肉体美にがこだわりが強い選手ですからね。ただ、現状ではSANADA選手に負けを認めてました」
SANADA「筋肉は?」
‐「はい」

■棚橋は壊れない体作りへシフトしてるのでは

SANADA「プロレスラーって40歳くらいになると壊れない体を作ろうとするじゃないですか。それをやってる感じはしますね。(棚橋の)筋肉を見ていて。前はバルクアップをメインにやってましたけど、そうはいっても一番大事なのはケガしないこと・・・(略)自分もそういうことは踏まえておきたいですね。若さはいつまでも続くわけではないので」
  ※「週刊プロレス 2016年 11/16 号」より






 筋肉では現状、SANADAが優位なわけですね。その状況においても棚橋の身体作りを説明するという大人(笑)。若干、上から目線なのかな(笑)。棚橋は復帰後は少し筋肉が小さくなったかなという印象でしたが、今はボリューミーというか、見た目を維持しつつ耐久性がありそうな厚みを感じます。SANADAの言うように以前より筋肉!って感じには見えないですね。ただ棚橋がこのまま引き下がるようには思えませんよねえ。肉体美という視点で大阪のシングルマッチを見るのも面白いかも。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

SANADA選手はレスラー達のウェイトリフティング大会で準優勝しただけ有って、筋肉には自信は有るのでしょうね。
ご丁寧に負けてくれましたけどね。
[2016/11/17 16:29] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!ありましたね。あの頃は今のような筋肉マッチョという感じではなかったですが力凄かったですよね。重い物を持ち上げる能力の高さあってこそのあの素晴らしい肉体なんでしょうね。225キロのベンチは重さのあまりしなってました。優勝は近藤でしたね。
[2016/11/19 21:33] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4141-9447deaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード