日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ハルク・ホーガンを気に入ってたカール・ゴッチ

 プロレスリングノアの事業譲渡(関連記事)について丸藤副社長がツイートしてますね。「いろんな噂が飛び交っているかとは思いますが、これは偉大なる先輩たちが築いてきた歴史を更に前進、発展させる第一歩だと思っています。」と。今日開催の後楽園ホール大会でファンの前で説明あると思うので、待ちたいですね。数年後、勢いを取り戻したノアが見れたらいいな。
 「DROPKICK」で連載中の斎藤文彦さんのインタビュー。バックナンバーにプロレスの神様と言われるカール・ゴッチ(関連記事)がテーマの回があるんですが、そこで以外なエピソードが語られてます。あのハルク・ホーガン(関連記事)をゴッチが気に入ってたと。ゴッチってアメリカンプロレスって言うんですか、ホーガンのような筋肉マンを絶対に嫌いそうですよね。一部、続きからです。










■ゴッチ「あの子(ホーガン)はナイスボーイ」
フミ 蛇足になりますが、ハルク・ホーガンのことは悪く言わないんですよ。「あの子はナイスボーイだ」と。
――それは意外ですね。
フミ ホーガンもウソをつかない人だから。話を盛らない。あと同じフロリダに住んでいましたし、新日本のツアーでじつは何回か一緒になっていて、礼儀正しいという印象があるんでしょうね。
――親戚の子供みたいなもんですね(笑)。それにホーガンはたまにオーソドックスなレスリングを見せますね。
フミ ホーガンの日本での試合は意外とそうだし、ホーガンはレスリングができないと思われるのがイヤなんですよ、ヒロ・マツダ道場出身なので。これも蛇足ですけどヒロ・マツダさんにジャーマンを教えたのはゴッチさん。長州力にサソリ固めを教えたのもゴッチさん。
  ※「DROPKICK チャンネル」より

  





 これは意外ですね。ホーガンの礼儀正しさが要因なんでしょうか。ホーガンの日本マットでのスタイルからも伝わってきますが、真摯に学ぶ姿勢があるんでしょうね。それと両者に交流があったのが大きいですね。面識のない状態で悪い印象を持った人間が会うと、意外に相性が良かったみたいなことがあるじゃないですか。仮に会ってなかったら否定的なコメントしそうな気はしますね。
 そうなんですよね」長州にサソリ固めを教えたゴッチ(関連記事)。これも意外(関連記事)ですね。
 
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4140-6b6e0966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード