日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ダイナマイト・キッドの覚悟

 DAZNで「UFC.204」(関連記事)の見逃し配信を一部視聴。前までは動画を飛ばすことができなくて(早送り可)失望してたんですが、それが改善されてます。が、もう一度見たかった判定後のビスピン、ダンヘンのインタビューがカットされてる。これはいかん・・・。「SHERDOG」を見るとダンヘンは「キャリアには満足しているけど、最後の試合判定には満足していない」と気持ちを露わにしているようですね。まあ明らかに顔がボコボコだったのは勝者ビスピンでしたね。でも・・・見ていてなんとなく予想はできましたよね・・・ああいう展開だと手数、絶え間なく攻めている側に判定がいっちゃうのは近年のUFCでないでしょうか。ダン・ヘンダーソン(関連記事)・・・最初に見た試合はリングスでした・・・そこからPRIDE→UFCと様々な試合を見せてくれました。本当にお疲れさまでした。
 BSで放送された「アナザーストーリー」を見ました。主役は初代タイガーマスクこと佐山聡。そして、対戦相手として素晴らしかったのがダイナマイト・キッド。驚いたのがNHKスタッフがキッドに会いにいってるんですね。映像としての現在のダイナマイト・キッド(関連記事)。これは貴重。確か数年前のGスピリッツインタビューで「これが公にでる最後」みたいなこと言ってたんですよね。良い番組でした。ただキッドのステロイドについて避けた構成だったのが少し残念だったかな。佐山はキッドについて「命をかけてた」とコメントしてましたね。あれは、深いと思う。佐山のコメントを続きからです。







■佐山「(キッドは)青春時代に命をかけてたんだな」
佐山「聞いた話では現役時代に馬用のステロイドまでやっていたと。そんなものまで使って、あの動きを作っていたというのは驚きですよ。青春時代に命をかけてたんだな、と改めて思います。現役時代、それをずっと貫いたと思うと凄いですよね。それだけの覚悟あっての試合だったから凄かったんでしょう。でもね、当時からステロイドはまずいよというのはあったんです。まあ、ステロイドだけじゃなくて色んな薬物があったわけですよ。僕は手を出さなかったですけども」
  ※「Gスピリッツ Vol.28」より







 薬物使用はネガティブなことなんですけど、視点を変えると佐山の言うようなことも言えますよね。自分の身体に悪いのわかってて使ってるわけですからね。現在の施設で暮らす身体が不自由になってしまったキッドを見ると余計に現役時代に覚悟が伝わってくるようでなりません。今回TVの前に姿を現してくれたキッド。次は日本のプロレス界に顔を出してほしいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

まさか、キッドを出演させるとは。賛否は有るだろうがNHKの本気ですな。
管理人さんの気持ちも解りますが、あくまでもメインはタイガーマスクですから。キッドのステロイドだとスポーツドキュメント番組やサイエンス関連でしょう。

しかし、馬専用のステロイド使用とは。普通のステロイドでもボロボロに成るのに馬用だと倍だろうなあ。キッドもボロボロ状態だけど目は死んでないですね。かつての相方スミスはステロイドで若くしてポックリと行ったから、どちらが幸せなのやら?。
[2016/11/02 18:18] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんにちは!NHKの本気度が伝わってくる番組でしたね。ステロイドについては触れないことは気にはなったんですが、違う表現で上手くやんわり通過してたというか(笑)。

馬用ってちょっと想像つかないですよね。キッドは身体は不自由ですけど、言われるように目は死んでないですね。また日本に来てくれればと思います。どっちが幸せなんでしょうねえ、キッドはステロイドが大きくダメージを与えた健康状態・・・今の現状をどう思っているのか。語って欲しい気もしますね。
[2016/11/05 07:55] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4117-755786fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード