日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
橋本真也が海外で干された理由

 引き続き、闘魂三銃士の本(関連記事)を読んでます。武藤→蝶野と本人が語っていく流れですが、最後に残ったのが橋本真也。橋本は既に亡くなっていますので、結婚し共に苦楽を共にした橋本かずみさんが記しています。どんな感じに橋本を語っているのだろうと興味沸きました、いざ読んでみると一番面白いかも(笑)。まだ全部読んでないですが大半は橋本真也に対する文句かな(笑)。まあ・・・豪快な人だったと懐かしむというか。リング外も規格外だった破壊王の日常が伝わってくるようです。その中で「本当にバカ」と記されているのが海外・・・カナダで干された出来事。これけっこう有名で橋本は海外では成功しなかった日本人レスラーと言ってもいいかもしれません。自分の印象ですと、破壊王過ぎて対戦相手を壊してしまう(関連記事)・・・日本・・・新日本プロレスだとそれが評価される展開があり得るんですが、海外だとそうもいかず試合に出してもらえなくなるんですね。橋本かずみさんによると、それだけじゃなかった模様。続きからです。









■放送禁止用語、ヒワイな言動
橋本かずみ「かなり後になってマスコミの方から聞いた話ですとカルガリーで試合から干されてしまった要因は、特に試合内容はダメってわけでもなく、テレビ中継用のインタビューで、どうせカナダ人に日本語など分かるまいと、いわゆるヒワイな放送禁止用語を連発していたのを、たまたま日本大使館の方が見られていてプロモーター側に厳重な抗議があったことと、会場で女の子からサインを求められた際に、いわゆる日本では女性器を意味するマークを堂々と描いて差し出し、それがまた現地在住の日本人の目に触れることとなり、プロモーター側に厳重な抗議が届いたそうです。本当にバカです。それじゃあリング上で対戦相手と戦うよりも、スズメの捕え方を研究するしかなくなるわけです。あきれるばかりです・・・」
 ※「闘魂三銃士30年―今だから明かす武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也、それぞれの生きざま」より






 橋本らしいですね(笑)。異国の地で開放的になり過ぎたのかな。当たりのキツイとされる試合スタイルは評価されてる部分もあったのかな。WIKIには試合内容の評価で干され・・・女性器の件で完全に干されたとありますね。猪木、タイガーマスク(佐山)を目指していた橋本ですから、海外のプロレスはスタイル的に合わなかった部分もあるでしょうね。
 それにしても橋本かずみさんのあきれっぷりが伝わってきて面白いです(笑)。「本当にバカ」「あきれるばかり」と良い意味で豪快過ぎる橋本真也がつたわってきますね。ではでは
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

試合内容でイエローカード、下ネタでレッドカードか。橋本さんらしいがね。

かずみさんは橋本さんが亡くなって随分経つが今、橋本さんをどう思っているのか?。
子供が大きく成った人に振り回され、冬木さんの奥さんと出来て別れて、死後に宝島社に乗せられて暴露本を出したりと。
[2016/11/02 17:52] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!橋本らしいですけど(笑)、これはアウトですね(苦笑)。どこの国でも橋本は橋本なのかなあ。

かずみさんは文読んでると、一緒にいる時はつらいことばかりだったけど、今振り返れば楽しかったみたいに聞こえてくるようです。なかなか橋本の奥さん務めるのは大変そうですね。
[2016/11/02 23:13] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4109-89374f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード