日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
猪木vsアリ。ファイトマネーをめぐる猪木サイドの仰天行動

 今日から10月!あと3ヵ月で今年終わる・・・早いな。FC2ブログは定期的にログインパスワードの変更を求められます。前はなかったんですけど不正ログイン防止の目的でしょうね。自分・・めんどくさくて毎回スキップしてたんですけど・・・昨日認証コードを求められ・・・登録したメールアドレスに送ったんだと・・・メールをチェックしにいくと、なんとこちらも「一時的にログインできない状態。時間おいて」とログインできない。やばい・・・ブログアップできないかと思いました(苦笑)。なんとか最悪の展開は回避できました。最近は当たり前ですけどセキュリティがどこも高くなってきて、予想外の壁にぶち当たることも(笑)。
 週プロで連載中の「猪木vsアリ(関連記事) 40年目の回顧録」。当時猪木側として交渉を行っていた新間寿さんがファイトマネーの揉め事を振り返ってます。自分、これ読んで驚きました。猪木側・・・ちょっと理不尽じゃないかと(笑)。それも交渉術なんでしょうか。続きからです。










■猪木側が支払うファイトマネーは300万ドル。支払いは試合前と試合後に分割
新間「我々が支払うべきファイトマネー300万ドルのうち、試合前に180万ドルを支払い、残りの120万ドルは試合後に払うという契約になってました」

■試合終了→支払う約束のファイトマネー120万ドル・・・支払わないことに
新間「ただ試合の翌日(6月27日)、散々に酷評された新聞をみて、私がパッとひらめきました。『このギャラは支払うべきではない』と。」

■支払い予定口座からお金をなくす工作

新間「アリ側がギャラを預けてある銀行口座から引き出すという仕組みだったんですが、試合は土曜日でした。だから、ギャラの支払いは銀行の開いている月曜日になるわけです。それで日曜日に当時の経理部長を呼び出し、『月曜日の朝一番に五反田の三井銀行げ飛び込め!金を全て新日本の口座へ移してしまえ!』と」

■アリ陣営大激怒→3000万ドルの訴訟を起こされる
新間「彼らは挑発的訴訟ということで、3000万ドルの訴訟を起こしました。テレビ朝日のニューヨーク支局と、三井銀行にも内容証明が届いたそうです。場合によっては120万ドル+3000万ドルを三井銀行に請求すると」
  ※「週刊プロレス 2016年 10/05号 No.1870」より








 試合が不評だったから契約金を支払わない。猪木側にお金が不足していたのはわかりますが、これはちょっと非常識なんじゃないかなあと感じました。これをしたことによりアリ側が怒り120万ドルが3000万ドルに上がっちゃったんですけどね。その後の展開を言うと、高額3000万ドルは当然払えない猪木側なので、新間さんが渡米し直接「払えない」と熱意を持って交渉。これがミラクルを起こし払わなくてよくなったんですね。一見、理不尽な猪木側の行動ですけど、結果だけみれば、巧みな交渉手腕になっちゃうのかな。リング上だけではなくリング外の世紀の1戦ですね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

幾ら新聞で酷評されたからって、残りギャラを支払わないってどういう神経なのやら。
ケチ臭いは。そりゃあアリ陣営は怒るわ。
でも上手く切り抜けたのは新間さんの技量か。
だけど今だったら炎上ものだよね。

明日のBSプレミアムの21時放送「アナザーストリーズ」は初代タイガーマスクのお話だとか。
[2016/10/05 00:01] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!ですよね。常識で考えたら、普通に約束を守ってないですよね。言われるように、これを上手いこと乗り越え結果的にプラスにもっていくのが技量なんですかねえ。

情報ありがとうございます。しっかり録画しました。休みの日にゆっくり堪能します!
[2016/10/05 23:11] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4107-db92cc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード