日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
UFC成長に多大な貢献。ジョー・シルバがUFC退職

 長年にわたりUFCの選手発掘、マッチメイカーを担当してきたジョー・シルバの退職が発表されてます(MMAPLANET)。この方は知識が豊富でインタビューが面白いんですよね。プロレスも相当詳しい。岡見勇信が新日本プロレスの獣神サンダーライガーからとって「サンダー」と命名されましたが(関連記事)、ここにもシルバは大きく関わっているとされていますね。
 後任は「Legacy FC」オーナーのミック・メイナード氏。今後は重い階級をショーン・シェルビー、軽い階級(フェザー級より下の階級)をミック・メイナードが担当することになるようです。シルバはSEG時代のUFCから関わってるんですね。1993年~2000年(SEG時代)、2000年~2016年(ズッファ時代)、そして今年7月からWME-IMG管理となっています。もしかしたら今年起きた体制変化が退職のきっかけとなったのかなあ。続きにデイナ社長のコメントと過去記事の一部を再アップしときます。






■デイナ社長「シルバの貢献は偉大」
デイナ「ジョー・シルバの20年に渡るUFCへ貢献は多大だ。このスポーツが現在の規模になるために絶大の助けとなった。偉大なる足跡を残したジョーの今後の成功を願っている」
   ※「MMAPLANET」より




■サクラバとキヨシタムラ・・・見ていて惚れ惚れ
-「UFC以前に日本にはUWFという疑似総合格闘技から派生して、RINGSやパンクラスなど真剣勝負が織り交ざったプロレス大会や、修斗以前のシューティング、K-1のリングで行なわれたトータルファイトが存在しました。ある意味、それらの大会で深めた知識がUFCを見る目を養い、あるいは曇らせたという一面があります」
シルバ「分かるよ、その意見は。米国にはブラックベルト・マガジンが存在した。そこに掲載されているのはリアルファイトだけって、皆は信じていたけど、バート・ベイルのシュートファティングの模様がリポートされていた。多くの読者がリアルだど信じていたよ。でも、試合の映像を見ると、すぐに『これってリアルっぽいプロフェッショナル・レスリングだ』って分かったよ。・・・でも、そんな新しいプロフェッショナル・レスリングの形式として、十分に楽しんだけどね」
-「・・・(おそらくシルバがUWFなどに肯定的だったから言葉を失ってる!?)」
シルバ「そうかい?サクラバとキヨシ・タムラの動きは、リアルじゃなくても楽しめるじゃないか。ファイトはリアルじゃない、でも素晴らしい動きで、見ていて惚れ惚れとする芸術だった。これってマーシャルアーツ・ムービーを楽しむのと同じだよ。リアルじゃなくても、見ていて面白い」

■アントニオ猪木が日本のMMAの下地を作った
-「映画は真剣勝負とは謳っていないですからね。米国ではフェイクのサブミッション・ファイトは一部のコアの間で評判になりましたが、決して全国区で人気を得たものじゃなかったです。一方、UWFは世を巻き込んだムープメントになりました」
シルバ「UWF以前にアントニオ・イノキの間が.日本のMMAの下地を作ったことは否めない。彼がプロフェッショナル・レスリングにリアルなファイターを取り込み、最強のと英雄に君臨した。日本人なら、強い母国のファイターを望んで然りだからね。イノキと同じことをアキラ・マエダが行ない、日本版の勝利の方程式を提供したんだ。と同時にリアル志向の格闘技も日本に興り、その2つがクロスすることで日本のMMAは発展した。タカダ、ヨージ・アンジョー、グレイシーたちが混ざりあってね。アンジョーがヒクソンのところへ行って、敗れる。タカダが次に立ち上がる。分かりやすいよね。パンクラスというプロモーションの立ち位置も興味を持ったものだよ」
   ※「ゴング格闘技2012年1月号」過去記事より







 大好きなプロレスの歴史から興行における重要な要素を吸収し、それをUFCに生かしたのが伝わってくるようです。岡見のコメントを見ると「UFCにプロレスおたくの人がいて・・・サンダーに」って言ってますね(笑)。おそらくシルバでしょう。プロレスおたくがUFCから去るのは残念ですが、お疲れ様でしたと言いたいです。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4098-52e297bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード