日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ダン・ヘンダーソンが振り返るリングス、PRIDE

 台風がやってくる~。せっかく連休も天気イマイチでしたねえ。インドアな休日・・・・小1の甥っ子がマリオメーカーでコースを作ったというので「貸してみろ、おら」と挑戦してました。延々と上からドッスンが落ちてくるコースでした(笑)。知ってたらクリアできますけど、初回プレイは確実に死にますね(笑)。子供らしいクリエイティブさを感じました(笑)。
 10.8「UFC.204」で引退を表明しているダン・ヘンダーソン。現在45歳・・・まあ年齢的に言うと現役でいることが凄いですよね。対戦相手はミドル級王者マイケル・ビスピン。つまりタイトル戦になります。ここでベルト奪取して「気が変わったよ。まだ続ける」ってならないですかね(笑)。ちなみに両者は2009年に戦ってまして、その時はあのダンヘンボムが火を噴いてKO勝ちです。この試合はSHERDOGのワンパンチKOランキングで1位でした(関連記事)。今回もダンヘンボムよろしく!「MMAWEEKLY」にダンヘンが引退について語っていると思われる動画がアップされてるんですけど、英語の壁・・・何言ってるかわからんない(悲)。気になるなあ。
 ダンヘンって言ったら日本でのキャリアも大事ですよね。かなり前のソースになりますがリングス、PRIDE時代を振り返ってるインタビューを見つけました。続きからです。










■リングスKOKでの優勝「とても自信になった」
ダン「あの大会は当時最大のトーナメントということで、いまでもトップ前線で活躍しているファイターたちが全世界から集まった中での優勝だったからね、とても自信になったよ。体重的には参戦選手の中で小さかったこともあって優勝できるなんて思ってなかったんだ」
ダン「あの優勝があったからプロに転向しても通用するっていう確信が持てるようになったんだ。」


■リングスKOK。魅力的過ぎる優勝賞金20万ドル
ダン「それまで参戦してたMMAのファイトマネーはたいした額じゃなかったし、合計しても3万ドル程度にしかなってなかったと思う。当時はレスリングも続けていたので、あの賞金は自分にとって凄い大金で生活が楽になると同時に『これでもう少しレスリングを続けられる』っていう大きな意味もあったんだ」
ダン「(1日でアイブル、ノゲイラ、ババルと過酷な3試合だったが)20万ドルという大金がかかってたんで、それがモチベーションになったんだ。そんな中での勝利だったから、いまでも鮮明に記憶に残ってるんだよ」



■PRIDEでの印象強い試合、悔いの残った試合 
ダン「(印象に残った試合は)ヴァンダレイ・シウバをKOした2戦目の試合(07年2月24日『PRIDE.33』)だね。地元アメリカでの大会ってこともあったし、デビュー戦でのリベンジをKOというかたちでお返しすることもできたしね」

ダン「(悔いの残った試合は)ウェルター級GP2回戦での三崎(和雄)との試合(06年8月26日『武士道 其の12』)だね。あのときはコンディションは悪くなかったんだけど、自分の試合が全くできなかったんだ。三崎とは4ヵ月前に試合したばかりでの再戦ということもあってモチベーションがまったくなかったんだ。それ以前にトーナメントに出ること自体に気が引けてたし、トーナメントでのリマッチっていうのも納得いかなかったんだよ」

  ※「kamipro Special 2010 APRIL」より








 こう振り返るとPRIDEももちろんんですけど、リングスでのKOK優勝が大きいですね。あれがなかったらプロとしてやってなかったかもしれないし。当時としては破格の優勝賞金20万ドルを設定した前田日明はやはり偉大だなと。1日3試合ってのも時代を感じますね。アイブル→ノゲイラ→ババル・・・過酷過ぎ(笑)。ちなみにダンヘンは直近の試合でのファイトマネーは80万ドル(UFC199)です。ダンヘンの頑張りはもちろんですけど、総合格闘技の価値向上も感じますね。10月8日の引退試合をしっかりと目に焼き付けたいです。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4096-e80e755e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード