日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
長州がUインター若手にした意外な行動

 今月開催の「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND―PRIX 2016 無差別級トーナメント」、トーナメント対戦カードが発表されてますね。イリー・プロハースカ(関連記事)vsマーク・タニオス、アミール・アリアックバリvsジョアン・アルメイダ、テオドラス・オークストリスvsシモン・バヨル、カール・アルブレックソンvsワレンティン・モルダフスキー。そしてミルコ・クロコップvsミョン・ヒョンマン(YAHOO!ニュース)。ミョン・ヒョンマンってどこかで聞いたような・・・・と思ったらチェ・ホンマンと響きが似てますね(笑)。韓国のROADFCの選手のようです。試合動画みてみました(試合動画)。大きい身体からコンパクトに強い打撃を連打できる選手ですね。ストライカー同士、面白い試合になりそうな予感。
 KAMINOGE読んでます。新日本vsUインター対抗戦(関連記事)。すごく殺伐としてましたよね。あれから数年経過し、長州が意外な行動をしていたことをUインター側の金原、高山がコメントしてます。続きからです。












■Uインター若手の収入を気にかけた長州
金原「・・・新日本の札幌大会に出たときさ、長州さんが俺たちUインターの若手を集めて、『おまえら、ちゃんとカネもらってるのか?俺たちはおまえらUに充分なカネを払ってる!』ってさ(笑)」
-「その新日本から入ったお金は、選手までは届いてなかったと(笑)」
金原「でも長州さんがかっこいいのはさ、そのあと俺たちにガッと札束渡して『これでメシ食ってこい!』って言って、『わー、長州さんすげえ!』とか思ってね」
-「危なく長州軍に寝返りそうになって(笑)」
金原「そうそう(笑)。だからボーナスもらってみたいってその頃から思ってるんだよ」
  ※「KAMINOGE vol.57」より









 対抗戦っていうのは、最初が一番面白いもんで(関連記事)、なぜかってったら緊張感、殺伐感がマックスだからでしょうね。そこからしだいにトーンダウンしていくのは必然ですが、この長州の行為はそのスピードを上げた可能性ありますね(笑)。まあでも裏で敵軍の心配をしていた長州の深イイ話ですね。ではでは良い休日を。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

良い話だ。幾ら敵対関係とは言え、若手が困窮しているのは放っておけなかったでしょう。

新日の余裕かも知れませんが心の中では上層部は何をしてんだ?。と思ったのかなあ?。
この頃のUインターはキツかったでしょうね。
[2016/09/25 19:54] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!Uインターの会社としての事情が新日本側にも伝わっていてたんでしょうね。新日本との対抗戦で失ったものは大きかった、でもそこまでしないと会社が。。。辛い状況ですね。当時はそんなこと考えずに新日本応援しまくりでした(笑)。
[2016/09/26 22:49] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4087-195a3583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード