日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
SHERDOG MMAライバル抗争TOP10 【前編】

 UFCが見れる動画配信サービスとして注目している「DAZN」(公式サイト)ですが、早くもマイナスの情報が出てきてます。全試合配信をうたっていたNFLが3割ほどで契約者から不満がでています。UFCに関しても「UFCが提供する人気シリーズのナンバーシリーズ、ファイトナイト、FOXイベントなど全て、今後日本ではDAZNにて全試合をご覧いただけます」(PRTIMES)と全試合配信告知していましたが、実際には配信予定が飛び飛びになっているところがある模様。怪しい雰囲気が笑。もうちょっと様子見が無難かな。
 海外サイト「SHERDOG」にMMAライバル抗争TOP10という記事があります。SHERDOGのTOP10シリーズ好きなんですよ(関連記事)。少し前のソースになりますが、興味深かったので続きにアップしときます。









■SHERDOG MMAライバル抗争TOP10

10位:ドミニク・クルーズvsユライア・フェイバー
→両者の交わりは2006年の「WEC.26」から始まるんですね。初戦はユライアがギロチンチョークで1本勝ちしますが、その後2連敗で負け越しとなってます。現在バンダム級王者のドミニクという現実を踏まえてもユライアが遅れをとっている印象ですね。戦績はドミニクの3戦2勝1敗。

9位:コナー・マクレガーvsジョゼ・アルド
→これは割りと最近ですね。両者の試合前の言い合いすさまじかったですね。アルドは絶対王者として自信あったと思うんですが結果は秒殺負け(関連記事)。驚きました。その後リベンジ戦を願うアルドですがマクレガーの視線はネイト・ディアス(関連記事)へ、といったところでしょうか。戦績はマクレガーの1戦1勝。

8位:チャック・リデルvsティト・オーティズ
→元々この2人は友人でトレーニングパートナーというつながりだった。お互い対戦はしないという約束をしていたようですが、オーティズが王者になったときに挑戦者としてリデルが浮上するんですね。この2人の背景もあってかUFCはDVDを販売するなど、盛り上がった抗争になったんですね。戦績はリデルの2戦2勝。

7位:ティト・オーティズvsケン・シャムロック
→きっかけはオーティズはガイ・メッツァーに挑発したことから始まるんですね。ガイ・メッツァーならぬ「ゲイ・メッツァー」呼ばわり。ティトらしい笑。ガイ・メッツァーといえば日本でもおなじみでしたが、試合が堅実すぎてつまらないんですよね笑。その辺りをティトがからかったのかなあ。そのガイ・メッツァーと同門のケン・シャムロックが怒るんですね。「ライオンズ・デン」ですね。両者の抗争は15000以上のペーパービューを売り上げるなどかなり話題に。ティトは問題児でもありますがUFCに多大なお金を生んでますよね。戦績はオーティズの3戦3勝。

6位:ミーシャ・テイトvsロンダ・ラウジー
→いまや大スターのロンダ・ラウジーですけど、まだUFCにあがる前、ストライクフォースでの対戦が印象深いです。フィニッシュの腕十字、テイトの腕は破壊されてましたよね。激しすぎる女子選手の試合に驚いたものです。その後、舞台をUFCに移して対戦しますが、結果はまたも腕十字でロンダ(関連記事)。ロンダは絶対的な地位を手にしますが、ロンダがホリー・ホルムにMMA初敗北(関連記事)。してトーンダウンといったところでしょうか。ソースにはまだこの抗争は終わってないとありますね。戦績はロンダの2戦2勝。
  ※「SHERDOG」より






 時間がなくなってきたのでここできります。近々続きアップしますね。ではでは。

 【後編】はこちら
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

こんにちは!
毎日更新ありがとうございます!!
このテーマは非常に面白いですね。
個人的にはドミニククルーズとユライアフェイバーの物語が好きです。
前回完敗してしまったユライアの敵討ちに、同門コーディガーブランドがいよいよという流れになっていて楽しみです。
ドミニククルーズのスマートなファイトスタイルが好きですが、今回はさすがにやばいかもという感じもワクワクします。
やはりライバル対決があるとPPVも数字が全然違いますね!
[2016/09/01 17:33] URL | インザーギ #- [ 編集 ]


ドミニク・クルーズvsユライヤ・フェイバー
前回のタイトル戦を見ると、クルーズvsフェイバー4が実現してもまたクルーズ選手の術中から抜け出す事がでず苦戦するでしょうね
フェイバー選手もクルーズ戦法で何とか撹乱しようとしましたが…
UFC202、観戦していたクルーズ選手が試合に勝利したガープラント選手(vs水垣)を挑発する不思議な光景がありましたね
『将来のチャンピオン』と目されるガープラント選手ですが、ランキングはまだ下位の選手
解説の仲井祐樹氏が「今のうちに潰そうとしてるんじゃないですか?」とコメント
ガープラント選手はフェイバー選手が代表を務めるアルファメール所属選手
弟子が師匠フェイバーの敵討ちをするという新たなライバルに期待!

何かとクルーズ戦法を批判するMMAファンがいますが、クルーズ戦法大好きなんですよねw
(クルーズだから好き)


[2016/09/01 17:50] URL | はな #- [ 編集 ]


僕もUFCファイターの中ではドミニククルーズが一番好きです。
FOXでもDCと解説してるんですが、しゃべりが立って本当に上手いです!コナーの試合もよく見てました。
やっぱりIQの高いクレバーな方だなと思いました。
また彼のスマートなファイトスタイルがかっこいいですね。打たせずポイントを取って勝つ感じが素晴らしい!
コーディとの一戦は少し不安もありましが、TJとの試合のように見事なステップで完勝してほしいですね!
[2016/09/01 22:02] URL | インザーギ #- [ 編集 ]


インザーギさん。こんばんは!ありがとうございます。もはや日記みたいなものですね(笑)。ドミニクは、個人的にバンダムでワンランク上の境地にいるような気がしますね。ただ挙げられたガーブランドですか。両者ともに水垣を短時間で破ってるんですね。水垣をあんな簡単に破ってしまう選手はそういないと思うので、この2人の対戦は非常の楽しみです。ドミニクはほんと心憎いくらいスマートっていう印象ですね。
[2016/09/02 23:08] URL | H.T #- [ 編集 ]


はなさん。こんばんは!自分も今の状況でユライアとドミニクが試合したとすると、ドミニク勝利を予想しますね。戦術が個性的であり穴がないというか、対戦相手は読みにくくて仕方ないでしょうね。ガープラントは面白いですね。あの水垣を秒殺した者同士、意識するものが生まれたのかもですねえ。
中井祐樹の解説ですか。FOXですか、凄く良い解説しそうです。聞いてみたい(笑)。ドミニクの難攻不落を崩すのは、若く勢いあるガープラントになるかもしれませんよね、見てみたい1戦です!

あ、わかりますね(笑)。自分の友人でも「あのスマートぶりが鼻につく」っていう人います(笑)。素晴らしいんだけど、その分、敵も作ってしまうもんなんですかねえ。自分も好きですよ。
[2016/09/02 23:26] URL | H.T #- [ 編集 ]


ティトとリデルの抗争はリデルの2タテじゃなかったですか?
今は遠い昔ですが、まだティトは現役ですねぇ
ヒョードルとやるとかやらないとか……
[2016/09/03 04:34] URL | グレート東郷 #- [ 編集 ]


インザーギさん。こんにちは!解説してますね。自分、リスニング能力がなくて、何言ってるか理解できないところがいつも悔やまれます(笑)。スーツも似合いますし、しゃべりもいけてて、それでいて現役王者っていう完璧さ。マクレガーは失礼な言動もありますが、見ててやさしさを感じてしまうというか。人柄がにじみでている感じがします。ドミニクはやっぱりあのステップですよね。カープランドとすぐに試合が組まれないかもですが、近いうちに実現しそうな気はしますね。あのステップで魅了してほしいです。

[2016/09/03 11:27] URL | H.T #- [ 編集 ]


グレート東郷さん。こんにちは!すいません。言われる通りです。指摘ありがとうございます。助かりました。修正しときます。ヒョードル戦見てみたいですね。ティトだと相性良いような気がするんですが、マルドナド戦でギリギリ勝利だったヒョードルのメンタルが少々気になるところです。
[2016/09/03 11:32] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4075-e7717ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード