日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「巌流島 WAY OF THE SAMURAI 公開検証Final」を見た 【後編】

 少年をかばって高所から転落し怪我を負った船木誠勝が詳細を明らかにしていますね(東スポWEB)。いろんな推測をしてしまいましたが、少年っていうのは自身の子供だったんですね。身体も心もゆっくり静養してほしいです。
 今日は「巌流島 公開検証ファイナル」の感想【前編】の続き【後編】いきます。田村潔司(関連記事)はボクサーと菊野克紀(関連記事)はムエタイと。ビッグネーム登場です。続きからです。









<第5試合 80kg契約 3分3R>
○ロクク・ダリル(キックボクシング) 【1本 1R 2分03秒 パウンド】トゥントゥンミン(ミャンマーラウェイ) 
 注目はミャンマーラウェイのトゥントゥンミンでしょうか。ミャンマーラウェイっていうのは見た目ムエタイ風なんですがルールがより過激なのかな。頭突き、ヒジ、金的OKなんですね。過激すぎる。対するダリはボビーオロゴンからの刺客2ですね。ボビーネットワーク広いっすねえ。試合はロククが上手かった。場外転落際の攻防っていうんですかね、切り返しやテイクダウンが上手かった。フィニッシュも場外転落際でテイクダウンしてからのパウンドでした。過激ルールのミャンマーラウェイですが、場外転落という要素はないですよね。そこの技術はトゥントゥンミンから感じられず劣勢に回ってしまいました。ボビー陣営2連勝です。すごく場外転落のある巌流島ルール対策をしてますね。


<第6試合 特別ルール フリーウェイト 3分5R>
○エルヴィス・モヨ(ボクシング)【KO 5R 32秒 パウンド】田村潔司(プロレス)
 体重差約30キロ。田村よりモヨが重いです。ルールがかなり複雑なんですが大雑把にいうと田村はローキック禁止、寝転がっての下半身攻撃(アリキック)はOK、腰から下のタックル禁止、ロープエスケープアリ。これは・・・・田村キツイ!でもさすがは田村、見ごたえありました。ラウンド事でいきます。
 1R。解説の元ボクシング王者内藤の言葉が重いです。「俺なら(ヘビー級ボクサーのパンチは)怖い」「田村選手どうやって勝つの?」など。約30キロの体格差。モヨのパンチがかすめただけで田村の動きは一瞬とまります。そして、左目付近へのパンチで田村ダウン。ピンチ!が、すぐラウンド終了。時間に助けられたかな。田村は猪木のようにアリキック体勢(寝転がる)は取らないですね
 2R。田村スイッチ入ったのかボクシンググローブ着用のモヨの打撃に掌底で反撃!かっこいい。しかし、体重差がやっぱりキツイ
 。ラウンド後半はモヨのパンチから距離を作り回避するので精一杯。2回の場外エスケープ(ロープエスケープ)で凌ぎました。苦しい田村。この試合を受ける事じたい凄いですよね。解説の内藤も興奮気味ながら「どうやって勝つんだろう」と思案している状況です。
 3R。モヨのアッパーかな。見事に入り。田村よろめく。そこからはモヨの重いパンチが頭部にヒットし田村フラフラ。戦う田村ですが脳は揺れ気味なのでMMAだったらストップでもおかしくないレベルですね。内藤は「もう止めてもいいよ」とあまりにも田村不利のルールに文句言いたげに感じる(笑)。組んだのは隣に座る谷川さんなんですけどね(笑)。ただこの状態でもファイティングスピリットを失わない田村。これぞプロレスラーですね。その後もパンチをもらいフラフラ。なんとかラウンド終了。モヨのパンチは単発ですが威力が凄いのでガードで固める田村に大ダメージですね。
 4R。田村が寝転がります。どよめく会場。この過程は面白いですね。田村はスタンドで攻略に挑んだけども上手くいかず、猪木アリ状態を作ってしまうという。このルールだと最後ここにいきつくんですかねえ。猪木の戦法が最終的な正解なのか。が、乗ってこないモヨに対し田村再びスタンド。スタンドだと田村の武器はミドルキックが主ですね。そして仕留めにかかったモヨがパンチ連打。田村ダウン。でも目は死んでない!よりギラついたようにも見える。これぞ田村ですね。ラウンド終了。
 5R。モヨが勝負をかけ、パンチでダウンした田村へグラウンドパンチ。モヨ自ら寝技領域に踏み込み勝負をかけます。体重の乗ったパウンドを食らいレフェリーストップ。モヨ完勝。いや~田村厳しかった。諦めないスピリットを見せつけましたけど、圧倒的な体格差、不利なルールの中、勝機を見いだせなかった。解説内藤はボクサーらしく「モヨもやり辛かったと思うよ」とコメント。この視点は興味深いですね。体格差っていうのは田村からみても怖いですが、モヨから見ても「相手を壊してしまう怖さ」があるということですね。試合終わってホッとしてるのはモヨだったかも。猪木vsアリルールを再現っていうのは良いと思うんですけど30キロの体格差はなくてもよかったかなあ。


<第7試合 フリーウェイト 3分3R>

○エブゲニー・シャロマエフ(空道)【1本 1R 1分36秒 パウンド】星風(モンゴル相撲)
 星風はもう説明いらないかなあ(笑)。前回大会で目立ってましたし(関連記事)。シャロマエフの空道ですか。これは知らなかった。日本生まれの実践格闘技なんですね。胴着を着つつオープンフィンガーグローブのようなサイズのグローブ装着してますね。打撃、寝技、関節技があるんですね。いろいろな格闘技あるんだなあ。試合が始まると星風が打撃の猛ラッシュ。相変わらず気持ちが強いです。ただグラウンドになるとシャロマエフが上を取りますね。寝技ありの空道が生きてますね。フィニッシュも寝技で上手く上を取ったシャロマエフがパウンド連打!いや~空道はいいですね。巌流島に向いています。次の参戦も期待!!


<第8試合 70kg契約 3分3R>
○菊野克紀(沖縄空手)【1本 1R 4秒 KO】クンタップ・チャンロイチャイ(ムエタイ)
 菊野強い!三日月蹴りからの右パンチ!秒殺ですね。チャンロイチャイは何が起こったかわかってないですね。見事。最初の三日月が入ってたのかなあ。右パンチが完璧にヒットしてました。沖縄空手恐るべし!!

‐「次回はどんな試合したいとかみたいのあります?ちょっと終わったばかりでアレですけど」
菊野「ほんとですね。自分のこの中の闘い(自分との闘い)だけです。あんま欲出すとですね、上手くいかんす(笑顔)。ああしたい、こうしたい、ああされないようにしよう、こうされないようにしよう、ほんと上手くいかないんで。自分に勝つことだけ」








 面白かったです。今回で検証は終わりなんですよね。次大会から検証を重ねた巌流島の本当のスタートなのかな。楽しみにしよう!!
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

個人的に前大会が面白かっただけに、今大会は微妙だったかな…

ボビー・オロゴン氏の幅広い人脈に驚きますが、ブッカーとしては素人でしたね
巌流島の翌週にGRACHAN出場を控えるダリル選手引き抜きはアウトですね
GRACHAN運営や、所属ジム代表の濱村氏も今回の引き抜きの件に激動してますね
巌流島運営が金銭的な和解を提案するが、濱村氏が「書面にして下さい」と要求すると、ボビー氏が胸ぐらを掴み「俺を信じられないのか?」と恫喝
濱村氏「初対面で引き抜きする外国人なんて信じられるか!」と正論を吐く
端から見ると笑っしまう内容ですが、被害者のGRACHAN運営や濱村氏は災難でしたね
そして、対戦相手のトゥントゥンミン選手も被害者の一人ですね
中村祥之氏のインタビュー記事だと、トゥントゥンミン選手のファイトマネーが安すぎた為、中村氏の親しい協力者が補填したみたいですねw
ラウェイ協会との関係は大丈夫?

田村選手…
残り少ない選手寿命を考えると、巌流島は田村選手の居場所じゃないと思いますね
RIZINシニア部門・グラップリング部門でのグレイシー狩りも見たいですが、新日に参戦すれば爆発的に盛り上がりそうですね
最後にもう一花、狂い咲いてほしいです!

性格的に色々と問題ありますが、巌流島皆勤賞の星風選手は巌流島エースですね
お台場夢大陸での巌流島合戦イベントでは素人相手に本気でやり合ったみたいですねw
[2016/08/25 19:15] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。こんばんは!今大会は自分の場合は楽しめましたけど、はなさんのような感触のファンもいるという事実も考えるとちょっと今後の心配な要素となりますね。

ダリの件は把握してなかったんですけど、グラチャンも参戦して勝利してますね。あの辺の契約はどうなってるんでしょうね。「引き抜き」という言葉を使うということは拘束力ある契約なんでしょうね。ボビーの胸ぐらを掴む行動はよくないですね。格闘技のイメージが悪くなってしまいますね。トゥントゥンミンの件ありましたね。谷川さんは以前の反省があるので、その辺りは慎重に進めてほしいですよね。ラウェイはルール的にも場外転落は生かせないように見えましたし、信頼関係も微妙となると今後参戦ないかも。ファンとしてはまた見たいですよね。

田村は孤高で個性的な性格なので(笑)、なんとなくこのルールを受けたのはわかりますけど、かなりハラハラする危険な試合でしたね。新日本参戦は自分も見たいです!ただ時間の流れっていうのは怖いもので、今の新日本ファンにニーズはあるのかって考えると。田村は柴田に興味あるみたいですね。凄く噛み合いそうですね!

星風、あのファイティングスピリットはある意味才能ですね。怖い感じしますし、場に緊張感を与えますよね。イベントで本気だったんですか(笑)。さすが(笑)。キラー過ぎる(笑)。
[2016/08/26 20:54] URL | H.T #- [ 編集 ]


田村VSモヨは紫レガさんが激怒してましたね。
まあ、モヨも田村さんに勝っても特殊なルールだから箔が付くのもちょっとだけでしょうが・・・。
[2016/09/03 21:52] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!あの試合はレガさんのようにUを愛するファンにとってキツイ試合になるでしょうね。あのルールを受けるのも田村らしいとは思いましたが、実際やってみると過酷でしたね。モヨもリスクある試合でしたね。
[2016/09/04 18:26] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4069-684c6715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード