日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
「G1クライマックス.26」 第17戦  東京・両国国技館大会を見てる

 「G1クライマックス.26」(関連記事)。いよいよ最終決戦の地・両国国技館3連戦ですね。今日はAブロック代表が決まります。明日Bブロック代表が決まり明後日優勝決定戦となります。Aブロックはオカダ、棚橋、後藤、ファレ、丸藤が10点で並ぶ大混戦。最終的に同点の場合は直接対決の結果が優先されるはず。自分、いろいろ予想立て・・・最終的に残ったのが・・・ファレ(関連記事)だった。これでいいのか(笑)・・・いや直感を信じようじゃないか。では公式戦結果をわかったものから続きからです。






「G1 CLIMAX 26」Aブロック公式戦
天山 広吉(4点)【スカルエンド】SANADA(6点→8点)〇
 予想アタリ。天山の夏は終わり。試合後は小島と抱き合い泣く天山。ウルっときちゃいます。でも天山がG1に選ばれなかったのはコンディション的に見て正しい、という思いはあります。連戦はちょっと厳しいですね。元気な頃の天山を知るファンは複雑だったかも。自分も見ていてガンバレ、っていう思いと、これが現実、という複雑な感情が沸いてきました。

「G1 CLIMAX 26」Aブロック公式戦
真壁 刀義(8点)【垂直落下式ブレンバスター】石井 智宏(6点→8点)〇
 予想アタリ。2人らしいゴツゴツした闘い。その中でも石井の打たれ強さはこれまでの更に上を行った印象。ノドへのチョップだったりちょん蹴りだったり、師匠、天龍を感じる石井の闘いぶりでした。両国だからかなあ。

「G1 CLIMAX 26」Aブロック公式戦
バッドラック・ファレ(10点)【ガンスタン】タマ・トンガ(6点→8点)〇
 予想ハズレ。いやー、これは予想できんかった。チームメイトから優勝への道を閉ざされるという展開でした。仲間割れかと思いきや、最後は仲直り。バレットクラブの結束力は強かった。ファレは優勝争いから脱落。

「G1 CLIMAX 26」Aブロック公式戦
〇後藤 洋央紀(10点→12点)【GTR】丸藤 正道(10点)
 予想ハズレ。丸藤の天才コンピューターを後藤の直線的な無骨さが狂わせたような試合でした。フィニッシュのGTRは完璧でした。これで丸藤は優勝争いから脱落。

「G1 CLIMAX 26」Aブロック公式戦
△棚橋 弘至(10点)【時間切れ引き分け】オカダ・カズチカ(10点)△
 棚橋勝利で決勝へ、オカダ勝利で決勝へ、引き分けで後藤が決勝へ、という流れ。時間を気にしながら戦うオカダと棚橋がいますね。・・・・
 予想ハズレ。でた~。まさかの引き分け。棚橋がハイフライフローで決めるも2カウントで時間切れ。これで後藤の優勝決定戦進出が決定。G1のGはGTOUのGになるのか。予想は2勝3敗。今日の予想は難しいわ(笑)。明日のBブロック楽しみですね!
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4053-a1ea6f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード