日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
エディ・アルバレスがドスアンジョスを大ダメージを与えた右パンチの名称は「ジ・アナコンダ」

 新日本プロレス「G1クライマックス.26」(開幕戦2戦目3戦目)。昨日の町田大会もぎっしりでしたね。ほんと新日本の人気がPCモニタを通しても伝わってきます。昨日まででAブロック・・・天山が2連勝で真壁と共にトップなんですよね。この最初調子いい感じ。あんまり良い予感がしないですが(笑)、今年の天山の意気込みは違う!そして小島の支えもある。一気に優勝してほしいですねえ。
 ゴン格最新号読んでます。「UFC.200」のインパクトで記憶が薄れ気味ですが、ライト級タイトルマッチでエディ・アルバレスが新王者になりましたね(関連記事)!ハファエル・ドスアンジョスの打撃プレッシャーに負けず。見事な右パンチをヒットさせました。たまらずドスアンジョスは後退。そこへ打撃猛ラッシュ!見事な完勝でした。勝利を導いたアルバレスの右パンチ。これ速すぎてよく見えなかったりするんですが、名称までついている取っておきのパンチだったようですよ。コメントを続きからです。









■耳裏へのパンチ「ジ・アナコンダ」
‐「やがて、見事な右の一撃がドス・アンジョスを捕えます」
アルバレス「あれは『ジ・アナコンダ』って呼ぶんだ。相手の耳の後ろに叩き込むロングライトハンドだ。マーク(・ヘンリー)が指導してくれたんだ」
  ※「ゴング格闘技 2016年9月号」より







 マーク・ヘンリーはアルバレスやエドガーを指導するボクシングトレーナーですね。水垣が興味を示し出稽古に行っています(MMAPLANET)。耳裏って急所って言いますけど、イメージが沸かないというか、場所がマニアックですよね(笑)。自分の感想記事を読むとわかるんですが、あのパンチを耳裏と認識してない・・・何度みても耳裏には見えない。速過ぎるんですよね。編集ありですが動画ありました(YOUTUBE)。でもゴン格に瞬間をとらえた写真があって、それをみると確かに耳裏気味ですね。凄いテクニックだなあ。日本になじみ深いファイター、エディ・アルバレス。マクレガー戦を希望いているようです。かなり面白そうですね。実現に期待です。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4030-acfdfcea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード