日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
石井慧vsクイントン・ランペイジ・ジャクソンをみた

 中邑真輔(関連記事)がWWEデビューしたようです。日本興行との兼ね合いもあるのかな。中邑、これまではWWEのNXT(関連記事)で戦っていました。NXTはWWEジュニア特化部門って言われたりWWE2軍って言われたり・・・表現が難しいところあります。そして、世界的トップ選手が戦うWWEのリングに上がったと。今後、WWEスーパースターとの絡みがあると思うとワクワクします。タッグ戦だったようですが、組んでたのが日本でお馴染みフィン・ベイラー(日本名:プリンス・デヴィット)。華あるチームですね。
 遅ればせながら「ベラトール.157 DINAMITE.2」で行われた石井慧(関連記事)vsクイントン・ランペイジ・ジャクソンを見ました。判定で敗れた石井ですが、惜しかったですね。ここのところ負けが目立ってきているので、ここで大物ランペイジを食ったら一気に石井の気持ちも上のステージへと変わったんだろうな、と思うと残念。感想をラウンドごとに簡単に、続きからです。









○ランペイジ・ジャクソン(判定2-1)石井慧

■1R 石井らしさ満載のラウンド
 ランペイジぽっちゃり(笑)。調整不足!?と思いましたが、ヘビー級契約ですね。ライトヘビーのランペイジを見慣れたせいかな。構え時のキレとかラウンドコール時の眼光とか、ちょっとUFCで戦っている頃と比べると劣っているように見えました。ここは石井チャンスとみて勝利を奪いたかったですけどね。
 石井らしさ満載のラウンドと見出しつけましたが、これは良い意味もあり悪い意味もありです。良い意味だと組んて倒して寝技で削りながらポジションを維持していく。完全に石井が取ったラウンドに見えました。ランペイジ相手にさすがですね。悪い意味だと、好ポジションをとっているのに、フィニッシュを狙う姿勢がもう少し欲しいという点。これがお決まりというか、石井らしさでもありますね。こういう慎重で手堅い試合を進める選手は最近のMMAではもはや珍しいような。ここがジャッジにどう評価されてるのか気にはなります。

■2R 組み合っての凌ぎあいに若干のブーイング
 ランペイジは石井の消極性をアピールするような仕草を見せてきていますが、冷静に見るとランペイジも慎重です。石井の柔道技をすごく警戒しているのがわかります。このラウンドは組み合っての凌ぎあいが目立ちました。1Rよりはランペイジは石井のテイクダウンを必死で凌いだという印象。こういう展開は、おそらく、会場で見てる観客は組んでいる石井のアクションしないと判断しがちになりそう。自分は互角のラウンドだと感じましたが、石井の特性が悪い印象を与えている可能性ありますね。

■3R 実際のパフォーマンス以上に見る側を見方につけたランペイジの巧みさ
 このラウンドはランペイジですね。それにプラス、「なんで攻めてこない」と言いたげに石井の消極性を観客にアピールしたり。ラウンドの終了間際、苦し紛れに組み付いた石井。これにブーイング。かなり印象悪かったと思います。やっぱり石井はMMA転向時から言われてますが、フィニッシュ力というか、メンタル的なリスクを負う勇気を持った仕掛けをするべきだよなあと、改めて感じました。プロ選手はやっぱり見る側に支持されること大事ですよね。この試合はおそらく、パフォーマンス以上に観客から悪い印象を持たれていると思います。
  ※「YOUTUBE」より



■石井は判定に不満(スポニチ
 石井としては不満でしょうね。組み付きランペイジを攻めていた時間多かったですからね。ただ周囲はそれを攻めと判断していたのか、そこがポイントでしょうね。

■ランペイジ「もう石井とは戦いたくないな(笑)」(イーファイト
 石井を評価しつつも「もう戦いたくない」と。これは、自分はマイナスと取りましたがどうでしょう(笑)。試合がスイングしないから面白くないという意味かなと。これで石井勝てればいいんですけど、今回のジャッジみるとやっぱり勝利が転がってこないですねえ







 石井惜しかった。大きなステップとなりそうな試合だっただけに悔やまれます。次に期待!
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

石井選手の善戦を称えたいところですが、それ以上にジャクソン選手の悪い部分ばかりが目につきした・・・
同じ柔道出身のユン・ドンシク選手にも手こずりましたからね
柔道家は苦手なのかな?

石井選手
榊原代表も言うように、アウェイでの試合なら一本かKO勝利でないと判定では厳しいでしょうね
あの試合内容では次に呼ばれる事はないかな?
JMMAを継承wするコーカー代表は勝敗以上にファンを沸かせるファイターを重宝しますからね
ベラトールの前ライト級王者ウィル・ブルックス(UFCと契約)もその事で運営に嫌われ、運営側が契約更新を渋ったと漏らしてましたね

同大会で劇的勝利をした加藤久輝選手の試合は凄かったですね!
榊原代表もオファーするとツイートしてるので、RIZINでアナトリー・トコフ選手との試合が見たいです!
[2016/06/30 19:02] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。こんにちは!ジャクソンはUFCでの試合と比べるとコンディションもそうですが、目つきですとか、メンタル面での意気込みの薄さを感じましたね。石井をイージーと認識していたか、言われるように苦手意識からくるものだったのかもですね。

そうですよね。石井はプロ格闘家になってからの課題でもありますが、見る側の感情に訴えかける試合と勝利への執着へのバランスですよね。あの試合だと興行主は「次呼びたい」と思わないですよね。スコット・コーカーさんは日本とも繋がり深いですよね。根っからのMMA好きって印象です。ウィル・ブルックスとの契約でそのようなことがあったんですが、プロ興行になると運営側にいろいろな考えを持つ人間がいますし、そこのぶつかり合いはあるでしょうね。コーカーさん応援したいですね(笑)。

加藤久輝は素晴らしいですよね。RIZINでもっと売り出してもらえればと思います。アナトリー・トコフ戦いいですね!高レベルの読み合いになること間違いなしですね。
[2016/07/03 11:34] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/4001-c5f6dc5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード