日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
SHERDOG ワンパンチKOトップ10 【後編】

 清原逮捕でTVでお目にかかる事が多くなった元プロ野球選手 野村貴仁が格闘技デビューするようですね(YAHOO!ニュース)。戦う場は「REAL」。これはけっこう話題になるのかな。見た目は最初よりは小奇麗になったかな、最初は仙人みたいで衝撃でしたよねえ(笑)。野球からの格闘技転身だと古木やカンセコを思い出しますが、ソース記事をみると大物を一人忘れてますね。ジャイアント馬場(関連記事)がいました。野村も馬場のように長く格闘技界で生きれればいいですどねえ。
 今日はこの前アップした「SHERDOGワンパンチKO」【前編】の続きでいきます。5位~1位ですね。1位は日本でもおなじみの選手でした。続きからです。










■5位 2015年12月 コナー・マクレガーvsジョゼ・アルド(YOUTUBE
わりと最近ですね。みなが楽しみにした大一番。試合前まではいろんな展開を妄想するのが楽しかった。いろいろ妄想したけれども、予想外な展開でしたねえ。あんなに簡単にアルドがKOされるなんて。マクレガーの実力はもちろんですが、勢いも感じましたね。

■4位 2004年2月 ニック・ディアスvsロビー・ローラー(YOUTUBE
 いいカードですね!お互い打撃で真っ向勝負です。フィニッシュはディアスの右カウンターパンチ。崩れるようにローラー倒れ。すぐに立とうとしますが、脳が揺れててフラフラ→バランス崩し試合終了。現ウェルター級王者ローラーの衝撃ノックアウト負け。さすがディアス兄貴!

■3位 2009年6月 エメリヤーエンコ・ヒョードルvsアンドレ・アルロフスキ(YOUTUBE
 懐かしいですね(関連記事)。当時はUFC(アルロフスキ)vsPRIDE(ヒョードル)という視点でドキドキしたものです。打撃戦では押され気味のヒョードルでしたが、最後に1発ドカン!それで全てを終わらせるロシアンパワー。空中を舞ったアルロフスキ・・・インパクトありました。

■2位 2008年9月 ラシャド・エヴァンスvsチャック・リデル(YOUTUBE
 リデルのKO負けもインパクトありますね。エヴァンスが猛威を振るっていた時期かな。リデルは打撃でどんどんプレッシャーをかけていくタイプなので、それがカウンター狙いのエヴァンススタイルと見事のハマってしまったというか。もう殴られた瞬間、終わってるのが素人目でもわかりますねえ。

■1位 2009年7月 ダン・ヘンダーソンvsマイケル・ビスピン(YOUTUBE
 ダン・ヘンダーソンといえばレスリング・・・それと右の大振りパンチ!その大振りフルスイングパンチが見事にヒットしてしまった試合ですね。さすがのビスピンも倒れます。そして、倒れたビスピンにフルスイング体重全乗せパウンド!最後のいる?(笑)。ビスピン死んじゃう(笑)。ダンヘンらしさ満載ですよね。
 ※「SHERDOG」より





 ディアスvsローラーは今でも見たいカードだなあ。1位の選定はベストですね。ダンヘンの振り回し。海外では、そのインパクトからヘンダーソンボム(爆撃)とか呼ばれてるらしいですね。実現は難しいかもですけど、また日本でダンヘンの試合が見たいものです。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3972-b26b6a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード