日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
SHERDOG ワンパンチKOトップ10 【前編】

 SHERDOG(関連記事)にワンパンチKOトップ10という記事があり面白かった。格闘技の醍醐味といえば派手なKOシーンですよね。個人的に記憶に刻まれているのは初期総合格闘技に多いかな、やられる側が派手というかインパクトある倒れ方が多いような気がします。おそらく初期だけにみな現代みたいに総合的な練習してないでしょうし、スタンドでの実力差とかがあるんですかねえ。今日は【前編】として10位から6位まで。続きからです。









■10位 2016年6月 加藤久輝vsジョー・シリング (YOUTUBE
 「RIZIN」で良いパフォーマンスを見せた加藤(関連記事)の打撃。決まり手は左スーパーマンパンチとなってますね。加藤はいいですねえ。「RIZIN」でもっと試合してほしいな。


■9位 1999年11月 イゴール・ボブチャンチンvsフランシスコ・ブエノ(YOUTUBE
 これめっちゃ有名なやつですね。ボブチャンチン映像で必ず出てくるであろう(笑)。KOされたブエノとしては嫌な思い出でしょうね(苦笑)。前のめりにゆ~っくりKOされていく様子がいいですねえ。すまんブエノ(笑)。


■8位 1996年12月 タンク・アボットvsスティーブ・ネルマーク(YOUTUBE
 これは凄いですねえ。KOされたネルマーク死んだんじゃないかってくらい。よくみるとアボットはKOのパンチを放った後にネルマークの身体を横に投げてますね。それにより首があらぬ方向に曲がりながら崩れていくという。アボットはインパクトありKO勝利多いですよね。


■7位 1999年9月 ブラッド・コーラーvsスティーブ・ジャドソン(YOUTUBE
 ブラッド・コーラー懐かしいです。リングス参戦してましたね。これも見事なKO。右フックがズバリ!KOされたジャドソンぜんぜん動かない。KO前のジャドソンの構えみるとアゴをめっちゃ前に出しているように見えるんですけど、そこにモロですね。


■6位 2005年11月 リッチ・フランクリンvsネイサン・クォーリー(YOUTUBE
 フランクリンの左ストレートがズバリですね。クォーリーは完全に別世界へ。脳が揺れるとはまさにこういうKOですね。
  ※「SHERDOG」より








 見ごたえありますねえ。やられた方はたまったもんじゃないでしょうけど、派手はKO劇は最高ですね。では続きはまたいつか~
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3970-71ab4520
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード