日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
時代は「強力型戦闘隊」!ファブリシオ・ヴェウドゥムvsスティーペ・ミオシッチをニコ生でみた

 「UFC.198」。昨日、動画探しの旅に出ると言いましたが(関連記事)、ニコ生でタイムシフト予約してたのを忘れてました(笑)。最近、多忙で・・・いかんですねえ(笑)。ということでしっかり「UFC198」見れました!今日は王座移動になったメインのファブリシオ・ヴェウドゥム(関連記事)vsスティーペ・ミオシッチの感想でも。続きからです。








<UFCヘビー級タイトルマッチ>
○【挑戦者】○スティーペ・ミオシッチ(1R 2分47秒 KO)ファブリシオ・ヴェウドゥム【王者】

■アイルトン・セナの旗で入場のファブリシオ

 ブラジル大会ですね。ブラジルは毎回思うんですけど、ファンの反応が個性的ですよね。強い母国愛がそうさせるのか、とにかくブラジル人選手を応援!って感じです。ブラジル人以外の選手はもしかしたらやり辛い土地なのかも。その声援を受けたファブリシオはブラジル国旗と男性の顔が繋がった旗で入場。アイルトン・セナと書いてあります。F1のトップ選手ですね。セナはF1での事故死なんですが、その葬式の視聴率が60%超えだったようです。ブラジル国民の英雄だったことがわかりますね。
 テーマ曲がいつもと違ったんで調べると、これブラジルのF1放送でセナが勝った時に流れてたテーマのようです(ニコニコ動画)。さわやかな良い曲ですねえ。ブラジルのテンションはマックスだったでしょうね。この雰囲気を作り上げておいての完敗ファブリシオ・・・ある意味・・・らしいな(笑)

■意味不明なファブリシオの変顔

 気になったのはファブリシオの変顔ですよ(笑)。ところどころで変顔するんですよ。王者で母国。観客を意識し過ぎた・・・ファブリシオをおかしくしたのかもしれません(笑)。永田さんばりだ(笑)。

■ファブリシオは打撃でKO狙ってたのかな。
 大きな声援をバックに気持高ぶるファブリシオ。スタンドではタックル動作を混ぜつつ上手く戦っているように見えました。ミオシッチは当然グラウンドになるのは嫌でしょうから、ファブリシオのタックルは脅威で仕方ないはず。そこを意識しつつのスタンド。こうなるとファブリシオ有利に動きやすいなと感じます。
 試合が動いたのは2分過ぎですかね。ファブリシオのパンチが当たる、それの手ごたえを感じたのかパンチ連打。しかし、ミオシッチは下がりながらカウンターで見事なパンチをヒットさせます。もしかしたら、このパンチがポイントだったかな。この時点でファブリシオ効かされてたのかも。しかし、ファブリシオを攻めるのやめず詰める詰める。パンチ連打。ミオシッチは下がりながらも冷静に右のカウンターパンチ。これがドンピシャ!ファブリシオ完全KO負け。あらら。アンデウソンvsグリフィンを思い出すような展開。

■地元の大声援がネガティブに働いたかな

 最初に良い打撃を与えたファブリシオ。それをチャンスと見て攻めたがカウンターで見事なパンチを被弾。それでも攻めるのを止めず突っ込んだファブリシオ。色んな解釈ができるけど・・・自分は地元声援がファブリシオを惑わしたかなと感じました。期待に応えようとし過ぎたというか。ちょっと強引な攻め方でしたよね。ミオシッチは見事でした。時代は「強力型戦闘隊」!!

ミオシッチ「ファンのみなにありがとうと言いたい。そのおかげで、この場がある。トレーニングをハードにやったんだ。柔術がしたくて前に出てくると思っていた。俺にはパワーがある。タイトルは俺のモノじゃない。コーチ、フィアンセ、皆のもんだ。クリーブランド、俺は世界チャンピオンになったぞ」

ファブリシオ「今日は彼の方が強かった。でも、僕はチャンピオンに返り咲く」
 「MMAPLANET」より






 ファブリシオをみてると、頂点に立った選手の立ち回りの難しさを感じます。地元になると声援が凄まじい。それに応えようと頑張る。結果、自分を失ったような立ち回りになってしまうというか。まあこれもファブリシオらしさということで(笑)。
 新ヘビー級王者はミオシッチ!!マーク・ハント、アルロフスキ、ファブリシオ相手にすべて完全決着勝利!強いぞ!「強力型戦闘隊」!!長期政権の予感!
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3958-aeb2b005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード