日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
マツコ&有吉の怒り新党でジャイアント馬場

 「マツコ&有吉の怒り新党」(関連記事)の名物企画「新3大○○」。テーマは「孫世代と戦う 偉大な老年アスリート」。そこで紹介されたのがジャイアント馬場(関連記事)ですよ。見ていて胸が熱くなりましたね。1998年 馬場(関連記事)の還暦祝い試合(YOUTUBE)が紹介されたんですが、例によって小橋、川田らの攻めが半端ない。痛めつけられる老年アスリート。でも馬場は嬉しそう。見ている側は色んな想いが交錯してしまいますね。体力の低下がわかる馬場が心配、馬場に容赦ない対戦相手に苦笑い、でも弟子に遠慮なく攻撃され嬉しそうな馬場を見て「これが正解なんだ」と改めて思う自分。晩年の馬場だからこそ出せる空間ですよね。
 番組の様子なんですが、リンクさせて頂いている「スミチョイMMA」で動画情報あります。気になった方はぜひ。続きに当時の実況、マツコ&有吉の反応をアップしときます。









■実況「社長嬉しい~!」
実況「(小橋の遠慮ない逆水平を食らい)社長も気合が入ります!社長嬉しい~!社長嬉しそうだ~!」
マツコ「わっはははは(笑顔)」
有吉「この頃は面白かったね(笑顔)」

■実況「回る還暦」
実況「(小橋が馬場にローリングクレイドル)ローーリングクレイドル!!回る回る還暦だ!!まさに暦も回った!ジャイアント馬場も回りました!」

■実況「恍惚(こうこつ)の表情」
有吉「(川田が馬場に遠慮なしの顔面キック) ひどいな(笑)。ひどい(笑顔)」
実況「おっと、顔面キック。おっと、(馬場が)心なしか恍惚の表情だ」
マツコ、有吉「(笑)」

■馬場「まだまだやれるんじゃないか」
馬場「そうですね。子供の時ね、60歳って言ったら、ずいぶん年寄りだな~って思ってましたけどね(場内笑)、自分がなってみたらね、なんだまだやれるじゃないかってね(場内大歓声)」

■満足そうなマツコ&有吉
有吉「いやあ、面白いねえ。」
マツコ「プロレス、あのころ良かったねえ。懐かしいね、やっぱり」
有吉「いいねえ。良い表情するよ!やっぱり!・・・(略)解説の人が面白かったね。『回る還暦だ~!』ってね。」
マツコ「『恍惚の表情だ~!』って」
有吉「わはははー(笑)」
  ※「マツコ&有吉の怒り新党」より







 短時間ながらも一気にスタジオが馬場ワールドでしたね。今振り返ると実況が良いですね!金子茂さんかな。恍惚(こうこつ)・・・物事に心を奪われてうっとりするさま、意識がはっきりしないさま、老人の、病的に頭がぼんやりしているさま。という意味ですね。還暦の馬場のピンチを表すには絶妙の言い回しですねえ。こんな映像を見ると、馬場・・・もし生きてたらまだ現役やってんだろうなあって思っちゃいます。78歳か・・・。晩年の馬場っていうと衰えをさらけ出してるところはあると思うんですが、それってなかなかできることじゃないですよね。男らしさを感じますね。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

僕も観てましたが、てっきり小鹿さんかと思ってました。還暦試合で馬場さんにフォールを奪われた渕さんも今だ現役でそれこそ孫のような若手レスラーと闘っている訳で。
有吉さんも好きなプロレスだと嬉しそうな顔だな。
[2016/05/23 20:49] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!小鹿も出てほしいですよね。あの人ほんと、元気ですよねえ。渕も頑張ってますよね。今の進化したプロレスに欠けているものを持ってる世代だと思うので、これからもリング上で下の世代に伝えていってほしいです。
確かに有吉は嬉しそうですね。プロレス愛が伝わってきますよね(笑)。
[2016/05/25 17:14] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3948-a5974417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード