日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
ヴァンダレイ・シウバ「タッグがとても気に入った」

 GW突入。迷ってたんですけど今年は「レスリングどんたく」(関連記事)の観戦はやめました。夏くらいにどこか旅行がてら観戦に行きたいなと企んでます。近所のイオン行ったんですけど、まあ凄い人。フードコートなんか戦場ですね(笑)。そこで自分の視界に入ったのは「はなまるうどん」(関連記事)ですよ。「はなまるうどん」と言えば!・・・ヴァンダレイ・シウバ!ちょっと強引ですけど。PRIDE全盛の時にシウバうどんってありましたよね(はなまる公式)。うどん好きのヴァンダレイは「はなまるうどん」から一生無料券もらってました。もう働かなくても食えるじゃないか(笑)。めっちゃうらやましい(笑)。
 ヴァンダレイといえば久しぶりに日本で試合をしてくれましたよね。グラップリングマッチ、しかもタッグマッチという新しい試み。タッグのような複数の人間が動く・・・シングルより視野を広く持たないといけない・・・慣れない人間がいざやると悲劇を生むことがありますね。変な間が生まれるというか。実際見てみると、少しぎこちないところありましたが、アルティメットロワイヤル(関連記事)のような悲劇は生まれませんでした。桜庭だったり田村だったりタッグマッチ経験者がいたのが大きかったのかなあ。ヴァンダレイは体格差のある所との対戦を避けていたのかな。ルール上は関係ないですけど、それはそれで面白かった。階級で区切られるのが当たり前という思考で生きてきた人間がいざフリーの世界に放り込まれ、考え出すみたいな。ヴァンダレイ本人はタッグを気に入ったようですね。続きからです。








■タッグマッチ とても気に入る
ヴァンダレイ「実際に初めてやってみてタッグがとても気に入ったんだ。個人競技だけどチームとしてのゲーム性があって、ダブルスみたいなものだよね。何よりもファンが楽しめる要素が沢山入ってる」

■階級の問題はあるけど
ヴァンダレイ「階級の問題はあるけど、ルールの適性を考えたらアンドレ・ジダがいいかな。ジダはたとえ相手が大きくても戦うことができるから」

■国別対抗戦タッグマッチ
ヴァンダレイ「他にも考えたのが、国別でチーム対抗のタッグ戦をやったら面白いんじゃないかって思ったんだ(笑)」
  ※「ゴング格闘技 2016年6月号」より








 何年か前にヴァンダレイは桜庭にプロレスでのタッグ結成を要請されてましたね(関連記事)。そのときは数年後にグラップリングタッグマッチで試合するなんて予想もしてなかったでしょうね。
 これから日本の格闘技界が盛り上がりを考えると、まだ世界で発展しきってない領域を見つける、という嗅覚が大事だなと思います。それがなんだと考えたら、グラップリングと女子MMAかなと思うんですけどねえ。特にグラップリングは桜庭のようなMMAファイターとして全盛期を過ぎた選手が再びトップレベルで輝ける興味深い分野かもしれないですよね。そこにタッグマッチという新たな試みを加えると夢広がりますねえ。
 ヴァンダレイが提案する国別も面白そうですね。それ以外だと何かしらテーマを持った人間のタッグだとより感情移入できますね。ヴァンダレイ&ジダ(CBAの香り!?)、桜庭&田村(まさかのUタッグ)、プロハースカ&オークストリス(RIZIN三銃士、寝技とプロハースカ足引っ張ったりする!?)、青木&カシン(大好きカシン【関連記事】に恐縮する青木が見物)、把瑠都&曙(相撲タッグ、体格で勝ちます)。ここからタッグマッチ広げてほしいです。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

大会前はグラップリングダブルバウトに対し少し否定的に見てましたが意外と楽しめました
田村選手・所選手は流石ですね!
このルールでの試合がまたあるなら、今回のようなエキシビションマッチに近い内容(桜庭・シウバの久々の再会の為)ではなく、勝負論ある試合・シビアなカードが見たいかな
榊原代表はADCC上位入賞者の柔術家とも接触してるので、MMAルール参戦に抵抗ある柔術家や柔道選手(MMAに興味津々のリネール参戦してくれないかなw)をブッキングしてほしいです
個人的にヘンゾ・グレイシーは参戦してほしいですねw
第一回 猪木祭りでの猪木氏とのエキシビション見ると、桜庭選手を真似た動き(側転して好ポジション狙う)で観衆に魅せる動きをしてますからね
田村選手と久々にグラップリングマッチが見たいかな
ジョシュ・バーネットもグラップリングルールならUFCも・・・
[2016/05/05 18:03] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。こんばんは!自分もどうなるんだろう、という心配ありましたが終わってみると良い試合が見れたなという印象です。田村と所はスピーディーな攻防で面白かったですよね。言われるように勝負論、シビアっていう視点でみると物足りなかったですね。榊原さんは勝負論あるカードと主張してましたが・・・ちょっと足りなかったかなあ。
ADCC上位入賞者ですか。RIZIN三銃士のようにグラップリング部門にも新たな強豪定着に期待ですね。
ヘンゾ最高じゃないですか。猪木祭りのエキシビジョン懐かしいです。ヘンゾ、意外に(笑)トリッキーな動き見せてましたね。田村と絡むことになればリングス時代の記憶が蘇ってきそうですし、注目を集めると思います。ジョシュの参戦いいですね!確かにメタモリス出てるくらいなのでRIZINだってOKなはずですよね。楽しみが増えました(笑)。
[2016/05/07 01:01] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3943-9cd1dd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード