日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
UFC パウンドフォーパウンド ランキング

 地上波で内藤哲也(関連記事)vsオカダ・カズチカ(関連記事)を見ました。結果は内藤の勝利→IWGP初栄冠です。内藤軍(ロス・インゴベルナブレス)乱入が多くて、卑怯なところはあるんですけど、会場は内藤を支持。悪質な乱入だけではなく試合全体を通して内藤をファンが支持したのかな。確かに試合面白かった。勝利後のマイクもよかった。あれだけIWGPを欲しがった男がリング上でベルトを投げ退場。そして、仲間が持ち帰ったベルトを見て「IWGPが追っかけてきた.今や俺はIWGPに追われる存在と。上手いですねえ。次は石井智宏戦ですね!
 YOUTUBEでUFC所属選手ランキング動画を見つけました。説明文を読むと、これはパウンドフォーパウンドランキング(関連記事)かな。15人・・説明文つきでわかりやすい動画です。続きに感想と一緒にアップしときます。












■UFCパウンドフォーパウンド ランキング
 
15位:ケイン・ヴェラスケス
 圧倒的な強さを誇っていましたがファブリシオ・ヴェウドゥムに完敗(関連記事)。一度はファブリシオへのリベンジ戦が決まってたんですが、怪我により欠場。1年弱試合してないですね。

14位:ヨアナ・インジェイチック
 現女子ストロー級王者(関連記事)。打撃のスペシャリストですね。女子版TUFのコーチ就任が決まってます。

13位:ホリー・ホルム

 ホルムといえば無敵を誇ったロンダ・ラウジー攻略ですよね(関連記事)。あれはインパクト抜群だった。
 
12位:TJ・ディラショー
 ディラショーはバラオン戦ですかね。急遽訪れたチャンスをものにしバンダム級王者に君主したこともありました。スイッチを頻繁にする打撃スタイルが印象的です。

11位:クリス・ワイドマン
 無敵を誇ったアンデウソン・シウバキラー(関連記事)でしょうか。逆に現ミドル王者ロックホールドには苦手意識を感じますね。

10位:ダニエル・コーミエ
 現ライトヘビー級王者。暫定王者ジョン・ジョーンズとの統一戦が楽しみ。レスリングエリート、レスリングモンスターですね。体格差あったもののダン・ヘンダーソンがレスリングで子ども扱いになったときは悲しかった(関連記事)。しゃべりも堪能な選手ですね。引退後はコメンテーター決定か(笑)

9位:ドミニク・クルーズ
 現バンダム級王者。クルーズは怪我からの復帰戦が印象強いです。欠場により時の流れから追いていかれたかと思いきや、復帰戦でしっかり存在感を見せつけますよね。あの水垣が圧倒された試合は驚きました(関連記事)。

8位:ジョゼ・アルド

 アルドはこの手のランキングで長い間1位か2位にいました。ここに落ちてしまった理由はコナー・マクレガー戦の完敗(関連記事)でしょうね。その後のマクレガーへのいやみたっぷりの口撃も良い印象を与えてないかも。

7位:ルーク・ロックホールド
 現ミドル級王者。立ってよし寝てよし見た目もよし名前もカッコいい(笑)、という3、4拍子揃った選手ですね。6月にワイドマンとのタイトルマッチが決まってます。

6位:ハファエル・ドスアンジョス

 現ライト級王者。確か青木真也と同じ「エヴォルブMMA」で練習してましたよね。寝技師ながら打撃力も見事の向上したコンプリートプレイヤーですね。

5位:ファブリシオ・ヴェウドゥム

 現ヘビー級王者。PRIDE時代は打撃に難がありましたが、いまやそれは昔の話(関連記事)。ヒョードルに勝った時は「なぜお前がヒョードルに勝つ」と思ったものですが(笑)、それも昔の話。今やトップ中のトップに君臨してます。

4位:ロビー・ローラー
 現ウェルター級王者。好きな選手です。メンタル面が素晴らしいですね。常に攻める。心が折れない。試合を見ていていつも圧倒されます(関連記事)。

3位:コナー・マクレガー
 現フェザー級王者。実力とエンターテイメントを両立できる男。が、さすがに疲れたのか最近は引退発言してみたりお騒がせ気味です。悪い雰囲気をだしながら、実は誠実なんだと伝わってくるような選手ですね。

2位:デミトリアス・ジョンソン

 現フライ級王者でありゲーマー(関連記事)。日本繋がりでいうと山本KIDを完封)。タイトルマッチで堀口恭司(関連記事)に勝利。日本人でタイトルに一番近いのが堀口かなって気はするので、ジョンソンの壁を壊してほしいですね。

1位:ジョン・ジョーンズ

 現ライトヘビー級暫定王者。少し前までは若き才能溢れるファイターという印象でしたが、UFCでトップファイターになり環境の変化があったのか、悪事を働くようになりました。今や実力あるヒールという印象。先日、復帰戦がありましたが、まだ本調子ではなさそう。
 このP4P(パウンドフォーパウンド)というランキング方式はファンの想像という領域が大きいと思います。やっぱりファンの心理内で「ただものではない」というのがあるということでしょう。7月の記念すべき「UFC.200」で王者ダニエル・コーミエとの王座統一戦が決まってます。
  ※「YOUTUBE」より

 






 けっこう長い記事になってしまいました。ではではみなさん良いゴールデンウィークを!自分はこれからサイクリングに(笑)
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3941-f97195f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード