日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
DDTの名付け親ジェイク・ロバーツ

 リョート・マチダが禁止薬物陽性反応(YAHOO!!ニュース)。ほんと最近多いですね。推測ですけど、今までずっとやってきて検査パスしてきたけれども、検査技術が向上に追いつかれたというパターンなのかな。テニスのシャラポアは、引っかかった薬物(メルドニウム)が、検出量に応じてはOKになるという展開。もしかしたら処分なしになるのかな。いろんな展開ありますねえ。「シークレットレース」という自転車競技の薬物(エリスロポエチン)の本を読みましたが(関連記事)、効果は絶大のようです。周囲が使いはじめ結果を出していく、薬物を使用した選手には歯が立たない・・・プロ競技でこういう状況になったら自分もってなっちゃうのかもしれませんね。
 ツイッターみてたらプロレス評論家の斎藤文彦さんのジェイク・ロバーツ記事に目がいきました。ジェイク・ロバーツといったらDDT!団体のDDTじゃなくて技のDDTですよ(笑)。いまやプロレス界でポピュラー過ぎる技ですよね。それの元祖と言われたのがヘビ男ジェイク・ロバーツ。開発は偶然だったようですね。一部、続きからです。








■ヘッドロックがすっぽ抜け偶然生まれる
「トレードマーク技のDDTは、ジェイクがミッド・アトランティック地区をツアーしていた時代にザ・グラップラーとの試合中に偶然、発明されたものとされている。ジェイクのフロント・ヘッドロックがすっぽ抜けてグラップラーが脳天から落下し、これがのちのDDTの原形となった。」

■命名はロバーツ。発明者はいまだ不明
「この技にDDT(Dichloro-Diphenyl-Trichloroethane)という殺虫剤の名をアダプトしたのがジェイクであることはまちがいないが、これとまったく同じフォームの技を使っていたレスラーはジェイク以前にも何人かいた。DDTを発明したのはだれか、という議論は現在でもずっとつづいている。」
  ※「日刊SPA 斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー」より


 



 この手の「誰が元祖なんだ」論争ありますね。自分が思うのは仮に以前からあった技だとしても、それを世界的に有名にするほどの価値ある技に仕上げたのはジェイク・ロバーツで間違いないと思うので、敬意を示しつつ「元祖」って言いたいですね。実際、高身長のロバーツから繰り出されるDDTは説得力ありました。こちら(YOUTUBE)で動画みれます。あとネーミングのセンスの良さですね。英語3文字は当時、非常にカッコよく聞こえました。
 プロレスラーでカッコいい事を考えると飯伏のような誰にもできないようなムーブで魅了するのもありますが、DDTのような誰にもできる技で存在感を出せるのもイイですね・・・つまり使い手が多い技の中で際立ったキレを出せるプロレスラー。オカダのドロップキック(関連記事)とかそうですね。そのほかだと・・・出てこない(笑)。ではでは。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

誰もができる系だと、秋山のジャンピングニーなんかはもっとプッシュしてもいいと思うんですけどねー。
プロレス界随一の美しいフォームだと思いますが…。
DDTといえば、ダニースパイビーのスパイビースパイクを久々に見たいです(笑)
動画探したらあるのかなぁ?
[2016/04/16 08:39] URL | のむサンダー #- [ 編集 ]


のむサンダーさん。こんばんは!秋山のジャンピング二―も見事ですね。ランニング二―も見事で、ボマイェを凌駕するくらいで(笑)。
スパイビースパイクもカッコよかったですね。見たくなったので探してしまいました。
https://www.youtube.com/watch?v=Z_oJc8UWBWg&t=16m27s
今みると90年代の全日本は素晴らしかったなと改めて思えます。
[2016/04/17 02:02] URL | H.T #- [ 編集 ]


一般的にDDTの原型はサンダー・ザボーが発明して、ニック・ボック・ウィンクルや東京プロレス時代の猪木さんが得意としてた「フロントネックチャンスリー・ドロップ」と言われてますね。

DDTはロバーツ、スパイビーと言った長身の選手だと落差が有って強力だと。ただ、動画で「プロレスニュースプラス1」で92年のチャンカンダイジェストでスパイビーvs小橋戦でスパイビーは小橋さんにスパイビースパイクを4発決めて勝ったけどこの頃には神通力も半減してたかもね。元々はロバーツのを見てパクったからね・・・。
逆に身長で劣る橋本さんは相手の片腕を極めて受け身を取りづらくさせたり、ジャンピング式とかして必殺技にしてましたね。

昔、新日で橋本vsロバーツのDDT対決と言うのが有ったけど、ロバーツは決めたけど橋本さんは決められずフライングニールキックで勝ちました。
[2016/04/17 16:31] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!フロントネックチャンスリーって言われてみるとDDTに見えそうというか似てますね。ザボーを発明者とするのなら、アマレスから派生技かもしれないですね。

スパイビースパイクは、自分の印象だと威力にムラがあるような。キレがないときもあれば素晴らしいときもあるイメージです。ロバーツのは安定感を感じましたね。橋本のはまた違った感じでしたよね。キレというか体重乗せてズシって感じ。

ロバーツvs橋本ありましたね。なんかあんまり良い試合じゃなかったような。橋本も決めて欲しかったですね。
[2016/04/18 02:08] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3926-66a92a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード