日刊H.T Season 2
のんびり、まったり、更新
MMAミスマッチトップ10

 UFC撤退が決まったWOWOW(関連記事)。今月に最後の放送として総集編SPがあったんですが、なんと・・・放送日を間違え見逃してしまった。ショッキングー!今日かと思ってた。WOWOWのUFCって言ったら日曜日ですよねえ。なぜ水曜日にするんだー!高柳さん(関連記事)をはじめとした放送メンバーの最後の挨拶聞きたかったなあ。ということでWOWOWは今月で解約だ。FIGHTPASS契約するかな。UFC放送復活を願ってます。
 「MMAIRONMAN」見てたら、「SHERDOG」のミスマッチトップ10が扱われてて、かなりニヤついてしまいました(笑)。トップ10のカードがほとんど日本絡みです。日本総合格闘技のカードをバカにするなー、と思いつつも、懐かしくて、なんだか心地よくなったり(笑)。続きに感想と合わせてアップしときます。








■MMAミスマッチトップ10

1位:ヴァンダレイ・シウバ vs 岩崎達也
 今はなき旧国立で開催された興行ですね。猪木が降ってきたりね(関連記事)、カードも豪華だったし、いい時代だったな。これ観戦したんですけどね、もう忘れてたわ(笑)。このカードを掘り出す海外メディア恐るべし。

2位:ランディ・クートゥア vs ジェームズ・トニー
 えーー!おれこのカード好きだけどな。行われたのが2010年なんですけど、ボクシング界の大物ジェームス・トニーですが、MMAファイターとしては準備不足で、純粋なボクサー色が強く総合格闘技創世記を彷彿とさせる格闘技vs格闘技のような試合でした。心地よい懐かしさありましたね。

3位:マット・ヒューズ vs ホイス・グレイシー
 2006年。このカードも最高ですよね。ケージで存在感を出し、あれだけ猛威を振るったホイス・グレイシーがケージで完封されるというね。ホイスを応援する父エリオ(関連記事)の悲しそうな顔が忘れられません。UFCっていうのはPRIDEの格下団体のイメージが強かったですが、自分はこの辺りから、PRIDEを上回るUFCの勢いを感じつつありました。「TUF」のヒットもこの時期らへんかな。

4位:エメリヤーエンコ・ヒョードル vs 永田裕志
 永田さん、あなたは男だ(関連記事)。永田さんに失礼な順位ですねえ。負けはしましたけど、今言えることは、あの興奮をくれた永田さんに感謝ですね。ヒョードルも衰えあるだろうし、今なら・・・永田さん、リベンジどうですか!榊原さん、こういうの絶対好きだから、永田さんの意向したいでは組まれるとおもうな。ていうか、永田は何時からさんつけになったんだろう(笑)。

5位:ミルコ・クロコップ vs ドス・カラス
 ありましたね。ミルコのかすめるようなハイキックでカラスJr沈没。アマレスベースのプロレスラーということで期待感ありましたけどね。ミルコ強かったですね。

6位:エメリヤーエンコ・ヒョードル vs ズール
 これも面白かった。巨体のズールをパンパン殴ってヒョードル完勝。体格差のある試合は面白いですよね。ズールいま何なってんだろ。

7位:ティト・オーティズ vs ケン・シャムロック
 これよくわかんないなあ。両者の3度目の対戦ですね。2度目の対戦でオーティズが勝つもシャムロックは「止めるのが早い」と抗議、そこからの完全決着戦になるわけですか。それで3度目もオーティズがパウンドで勝利。結局、3回やってオーティズの3連勝なんですね。試合内容そのものなのか、両者の揉め事具合に呆れたのか、あるいは3回もする必要なかっただろうという失望なんでしょうかねえ。

8位:アンデウソン・シウバ vs ジェームス・アーヴィン
 これはミドル級で無敵を誇ったアンデウソンが1階級上のライトヘビー級で戦ったカードですね。結果は完勝。この間のマクレガー(関連記事)のパターンと似ていますね。このパターンだと、1階級上のトップ選手とのカードが組まれそうですが、アーヴィンはライトヘビーのトップとは言えなかった。その辺の評価なのかな。アンデウソンが負けないカードみたいな。

9位:桜庭和志 vs シャノン“ザ・キャノン”リッチ
 ありましたね。確かフィニッシュは桜庭のアキレス腱固めでしたね。知られざる強豪かもしれないリッチを楽しみにする空気ありましたが、あらら・・・という感じでした(笑)。リッチは現在も現役ですね。直近の試合がなんと・・・先月の26日です。結果はヒールホールドで勝利!桜庭のアキレスからいまや、自らが足関節の使い手なんでしょうか。すごい。現在45歳。桜庭とともに頑張ってほしいです。
10位:マーク・ケアー vs グレッグ・スコット
 これ全然わかんない(笑)。調べてみると動画ありました(YOUTUBE)。これを見るとすぐわかります(笑)。対戦相手のグレッグ・スコットがタプタプで(笑)。ケアーが簡単に勝ってしまうという。こういうカードは海外では特に嫌われますね。たまたま見つけたんですが、割と最近のケアーの動画ありました(YOUTUBE)。現役の時の面影がないくらい太っていますが、元気そうではありますね。
   ※「SHERDOG」より










 ずっと前の似たような企画あって、その時もヴァンダレイvs岩崎はトップどころだった気がします。このカード・・・海外での低評価ぶりの安定さは異常です(笑)。ランキング選定は、日本ならではカードがいくつか入ってたりして納得いかないですが、懐かしいなという思いから楽しんでみれるランキングでもありました。では良い休日を~。
スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

コメント

WOWOWが「放送中止」ではなく「放送終了」と発表しましたからね・・・
放送再会は期待薄かな・・・
WOWOWが発表した業務内容報告書を見ると、加入者現状維持とあるので、UFCだけを目当てに加入した層(UFC終了と同時に契約解除)は少なかったのかな?
4月に正式発表されたので今月?解約者が増える?
WOWOWでの社内評価が低いと岩佐徹氏が言ってたような?
ボクシング中継(今日はパッキャオ戦)や、氷室京介さんのLAST GIGSの放送もあるので解約はまだ先かな・・・

地上波での長時間LIVE放送は期待出来ないので、民放BS・CSでの放送があれば最高かな?
フジは他局と違いCS放送枠 が3つ(フジONE・フジTWO・フジnext)あるならUFC放送してほしいな

ミスマッチランキング
個人的にミルコvsドスカラスJr.は楽しみなカードでしたけどねw
当時のドスカラスJr.は好戦的で気性も荒く、良いファイターでしたけどね

シャノン・リッチ選手は「地下プロレスのドン(首領)」、「桜庭を付け狙う猪木からの刺客」等の触れ込みでしたよね
少し期待してましたよw
「地下プロレスのドン(首領)」ではなく、藤田和之選手も参加したアメリカ地下プロレスのプロモーターをしていたみたいですね
海外でのアンケートならキンボvsダダ5000はランクインしなかったのかな?
シャムロックやホイスも大爆笑した会見は最高(互いに「イチモツ(男性の)見せやがれ!」発言連発)でしたがw
[2016/04/10 20:21] URL | はな #- [ 編集 ]


はなさん。こんばんは!聞いた話ですけどWOWOWは前にも一度放送終了してるんですよね。自分も期待薄と感じながら・・・感じないように期待しているというか(笑)。放送ないと寂しいですよね。WOWOW全体でみるとUFC目当ての加入者は、そこまで多くないという現実があるんですかねえ。自分のように4月の解約者は多いような気はするんですけどねえ。パッキャオ戦はせっかくだからライブ視聴しました(笑)。自分もライブとかテニスとかドラマとか見てたので、迷いはありましたが、とりあえず解約になりそうです。言われるようにBS、CSとかで放送あればいいですよね。光TVでの放送を見たことありますが、今はどうなんだろう。

カラスjrは良かったですよね。パンクラスでもダイナミックな投げをみせたりして強さは感じていましたし。

あ、リッチは猪木からの刺客でしたね(笑)。「地下プロレスのドン(首領)」なんてもあったような気がしてきました。やたら幻想というか期待感強かっただけに、落胆も大きかったですね(笑)。

キンボvsダダ5000も入っていてもいいですね。ランキングはおそらくマニアックな知識を持った記者が書いているんじゃないかなあ。いつもヴァンダレイvs岩崎があります(笑)。ホイスとシャムロックは無理に盛り上げようとしたのかなあ(笑)。すごいこと言ってますね(笑)。
[2016/04/12 01:26] URL | H.T #- [ 編集 ]


懐かしいなあ。殆ど日本。本当に何でもありやな。

岩崎選手は電車の中吊りか何かで石井館長が(シウバの)対戦相手が居ないから困ってるとの記事を見て、志願したそうで。試合の4日前で岩崎選手も2年半振りらしい。勇気は買うが実力は・・・。

確かジェームズのファイトマネーはクートゥアの倍でしたっけね。

永田さんが・・・不本意な。NEVER挑戦するんだよ。
ヒョードルも脂乗ってたからな。ズール戦はあの巨体に手を焼くのかな?と思ったらあっさり勝つし。

ドス・カラスjrはアマレスベースでMMAでも中々良かったのに。何ででしょうね?。メキシコの覆面レスラーがMMA何てしてみたいな感じなのか。それだったらカネックやソラールもしてるし。

7位はシャムロックの未練たらしいからか?。
[2016/04/17 15:43] URL | スライディングD #- [ 編集 ]


スライディングDさん。こんばんは!懐かしいですよね。岩崎の、よく言えば勇敢な参戦っていうんですかね、それも含めて時代を感じるというか、懐かしいです。

ジェームス・トニーはボクシングの実績が素晴らしい分、高給取りでしたね。試合はともかく(笑)、それまでの言い合いとか中々面白かったです。

永田の勇気、決断は評価したいですよね。NEVERは獲ってほしいです。第3世代が躍動する姿をもう一度。ヒョードルような打撃、寝技とも高水準な選手は当時少なかったですよね。強かった。

おそらくですけど、海外MMAメディアはプロレスという単語に敏感なような気はします。マスクがネガティブイメージを与えたかなあ。あれで勝ってたらカッコよかったですよね。

シャムロックはわからなくてですね。予想は記事中に書いたんですが謎で・・・どういう意味のランキングなんだろう。
[2016/04/18 01:39] URL | H.T #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/tb.php/3921-546dc337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blog rink up



独り言



お世話になっているブログ



★★おすすめ★★





Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -



ありがとうございます!



最新の記事



カテゴリなど



RSSフィード